人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〆パフェの次はコレ!高アルコール日本酒アイスクリームの専門店が浅草にオープン

2020.05.07

ホッピー通りを始め、浅草は酒場の聖地。

壮麗な浅草寺を中心に張り巡らされた裏路地は、今もまだ古き良き下町の息吹が色濃く残っています。

雷門通りから一本内側に入ると、地元の方に愛される老舗や、行列のできる新店が並ぶ「浅草食通街」が。

その入口にこの春誕生したのが、日本酒アイス専門店「SAKEICE(サケアイス)」さんです。

日本初!!高アルコールアイスクリームとは

下町風情の中で、とりわけ目を引く古民家を改装したおしゃれなアイス屋さん。

日本酒を使用したアイスは、これまでもご当地アイスなどで存在してはいましたが「SAKEICE」さんのアイスには日本初のある特徴が

なんとアルコール度数4%という高アルコールの日本酒アイスなんです!

4%ですよ、4%。

某ほろ酔える系チューハイよりも度数が高いということです。

高アルコールアイス誕生の裏には冷凍技術の結晶がつまっていた

そもそもなぜ、高アルコールのアイスを販売しようと思ったのでしょうか。

SAKEICEディレクターの丹波さんにお話をうかがいました。

丹波「弊社は元々冷凍のコンサルティングの会社でして、その技術を活かしてアイスクリームを作りたいという企画からスタートしました。

その上で、日本が誇る日本酒を、より手軽に、より風味豊かに、世界中の人に体験していただきたいという気持ちで、ここ浅草に日本酒アイス専門店をオープンしました。」

八海山をふんだんに使用した「日本酒アイス」

丹波「しかしアルコールというのは、度数が高いほど凍りにくくなるという特徴があります。高アルコールでありながら舌触りがよく、バランスがよいアイスクリームを作るために試行錯誤を繰り返した結果、”4%”という度数に辿り着きました。

日本酒を使ったアイスは現在、八海山を使った日本酒アイスと、北海道の男山を使った期間限定の男山アイスの二種類です。どちらも特徴的な仕上がりになりました。」

日本酒アイスを実食!本当に酔えるのか…?!

早速いただきます!

見た目はかわいいアイスクリームでも、紛れもなくお酒なので、年齢確認を行います。

北海道の男山を使用した男山アイス

二種類の日本酒アイスを楽しめるということで人気の、日本酒二種ダブルを注文しました。

日本酒アイスは、八海山そのものをいただいているような、スキっとしたキレが特徴的。

アイスクリームはとてもなめらかに溶け、上品な残り香だけを舌に残します。

後味は爽やかで、ザ・おとなのアイスクリームです!

対して男山は、丸みや旨味・コクを感じられるアイスクリーム。

安らぐようなお米そのものの優しい甘みは、決してくどくなく、飽きずに食べすすめることができます。

アイスクリームだと思って油断していると食べすぎそうですが、お店を出るときにはいい心持ち。

今後は銘柄も増えるとのことで、色々試してみたくなりますが、度数を意識しながら程よい量を注文することをオススメします。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。