人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テキスト広告や画像広告より多かった!7割の人が動画広告に不快感を抱く理由

2020.04.04

動画サイトを見ていると、いいところでインサートされるCM。いちいち「スキップボタン」を押すのも面倒くさい。かといって、スキップすらできないタイプのCMもフラストレーションがたまるものだ。

今回、株式会社ジャストシステムが17歳~69歳の男女1,100名を対象に実施した意識調査によると、テキスト広告や画像広告よりも、「動画広告が不快」 と感じる人の割合が多いことが明らかになった。

テキスト広告や画像広告よりも、「動画広告が不快」

今年2月に動画広告を見掛けた人に対し、インターネット広告に対する印象を尋ねる調査が行われたところ、「動画広告に対して不快に感じることがある」と答えた人の割合は67.5%、「画像(バナー広告)」の場合は63.6%、「テキスト広告」の場合は52.9%だった。画像やテキストによる広告よりも、動画広告に対して不快に思う人の方が多いことがわかった。

※それぞれ「不快に感じることがある」「不快に感じることがややある」と答えた人の合計。

動画広告を不快に思うのは、「コンテンツ視聴の邪魔」だから

「動画広告に対して不快に感じることがある」と答えた人に対して、その理由を尋ねる調査が行われたところ、「コンテンツ視聴の邪魔をされる」と答えた人が最も多く(73.8%)、次いで「広告をスキップできないことがある」(67.2%)、「他のことをしている最中に突然表示される」(42.6%)となった。

※複数回答あり。

約4割が、「テレビを見ながら、スマートフォンで動画も視聴する」

スマートフォンで動画を視聴する人に対して、どういったときに視聴するのか尋ねる調査が行われたところ、最も多くの人が挙げたのは「自宅でのテレビ視聴時」(42.0%)、次いで「通勤や通学途中の電車内」(25.7%)、「自宅外での昼食中」(21.0%)だった。「トイレの中」と答えた人も20.4%いた。

年代別に最も多かった回答を見てみると、全年代で「自宅でのテレビ視聴時」が首位だった(10代:46.8%、20代:42.2%、30代:41.7%、40代:36.7%、50代:42.9%、60代:41.7%)。テレビを見ながら、スマートフォンでも動画を視聴するという、2つの動画を同時視聴するスタイルを4割以上の人が行っていた。

※複数回答あり。

YouTube利用者の8.0%が「自称YouTuber」。そのうち、半数は「兼業YouTuber」

YouTubeで動画コンテンツを視聴する人のうち、自身を「YouTuber」と回答した人は8.0%だった※1。そのうち、YouTubeで収入を「得ている」人は47.9%、「得ていない」人は45.8%だった。

また、自身は「YouTuber」であると答えた人のうち、「YouTuber」としての活動以外に「本業がある」人は50.0%、「ない」人は37.5%だった。

※1 本調査では、「YouTuber」を、自身で動画を撮影・編集し、継続的に投稿や公開を行う人と定義。

<調査概要>
調査期間:2020年2月25日(火)~2020年2月29日(土)
調査対象:17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

出典元:株式会社ジャストシステム

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。