人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バウリニューアル?リブライダル?20代既婚者の6割が「パートナーともう一度結婚式や披露宴をやりたい」

2020.04.03

時代と共に変わるウエディングのカタチ。最近では、ふたりの時間を写真で残す「フォトウエディング」や、改めて愛を誓い合う「バウリニューアル」など、海外の文化が日本にも浸透しつある。

そんな「結婚記念の写真撮影」と「バウリニューアル」についてこのほど、20代~60代の男女582名を対象にした意識調査が行われたので、年代ごとでどのような価値観の違いがみられるのか見ていきたい。

結婚の記念に何をする? イマドキの結婚記念の写真撮影は「10万円以上」が主流!?

「結婚の記念に何をしましたか?また、何をしようと考えていますか?」と尋ねる調査が行われたところ、「結婚式を挙げた(388人/66.7%)」、「披露宴を行なった(326人/56.0%)」、「特別な衣装を着て写真をプロに撮ってもらった(266人/45.7%)」という結果になった。

Q. 結婚の記念に何をしましたか?

またプロに依頼する際の金額を年代別に見てみると20代、30代は「10万円以上」という回答が多く見られ、昨今では結婚記念の写真撮影にお金をかけるカップルが多いことが伺える。

Q. 写真撮影にいくらくらいかかりましたか?

「結婚の際に撮った写真を見返したことがある人」は91.0%! 若者ほど見返す頻度が高い結果に

結婚記念の写真撮影をした人を対象に「結婚の際に撮った写真を見返すことはありますか?」と尋ねる調査が行われたところ、91.0%の人が結婚記念の写真を見返したことがあることがわかった。

Q. 結婚の際に撮った写真を見返すことはありますか?

とは言え、写真を見返す頻度を見てみると59.8%が「撮ってから見返したことはあるが、ここ数年は見返していない」という結果に。

また、年代別に見てみると、若い層ほど写真を見返す頻度が高いことがわかった。「ここ数年見返していない」という人もたまには思い出が詰まった結婚の写真を見返してみてはいかがだろうか。

およそ3人にひとり(37.6%)が「もう一度特別な衣装を着て写真を撮りたい」と考えている!

結婚の記念に写真を撮ってもらった人を対象に「もう一度特別な衣装を着て写真を撮りたいと思いますか?」と尋ねる調査が行われたところ、37.6%が「撮りたい」と考えていることがわかった。

Q. もう一度特別な衣装を着て写真を撮りたいと思いますか?

年代別に結果を見てみると、20代では75.4%、30代では45.1%だったのに対し、40代では30.6%、50代では17.0%、60代では17.9%と若い層ほど「もう一度撮りたい」と考える割合が大きい結果になった。

もう一度写真を撮るなら?カメラマンに希望するポイント1位は「自然な表情」と「値段」!

「もう一度特別な衣装を着て写真を撮りたいと思う」100名を対象に、誰と一緒に撮りたいか尋ねる調査が行われたところ、92%が「パートナー」、71.0%が「子供」という回答に。そのほか「自分の親」や「ペット」という回答も見られた。

Q. もう一度写真を撮るなら、誰と一緒に撮りたいですか?

また、「もう一度写真を撮るとして、重視するポイントはなんですか?」という質問では「自然な表情を捉えてくれるセンス・テクニッック」と「値段」がそれぞれ43%で1位に。

続く2位は「幸せな雰囲気が伝わるような写真にしてくれるセンス・テクニック」、3位は「カメラマンやスタジオの雰囲気」という結果になった。

Q. もう一度写真を撮るとして、重視するポイント(=カメラマンに希望すること)はなんですか?

20代の60%は「パートナーともう一度結婚式や披露宴を行なってみたい」と回答!

昨今では「バウリニューアル」、「リブライダル」として、パートナーともう一度結婚式(フォトウエディングを含む)や披露宴を行う人もいるそうだ。

そこで、パートナーともう一度結婚式や披露宴を行なってみたいか尋ねる調査が行われたところ、20.6%が「はい」、75.9%が「いいえ」、3.5%が「行なったことがある」という結果になった。

Q. あなたは、パートナーともう一度結婚式や披露宴を行ってみたいと思いますか?

年代別に見てみると、20代では過半数の60%が「はい」を選択しており、今後は「バウリニューアル」や「リブライダル」はますます身近なものになっていくかもしれない。

入籍日(結婚記念日)は「縁起のいい日」が最多! 結婚記念日の過ごし方1位は「外食」

「入籍日(結婚記念日)を決めた理由」について尋ねる調査が行われたところ、最も多かったのは大安などの「縁起がいい日」だった。続く2位は「ふたりの記念日」、3位は「自分の誕生日」という結果に。

Q. 入籍日(=結婚記念日)はどのような理由で決めましたか?
※「特にこだわりはない」285人を除く

結婚記念日の過ごし方に関する質問では「外食をする」が1位だった。ほかにも「記念写真を撮る」や「思い出の場所に行く」といった過ごし方をしている人もいるようだ。

また、今回の調査では、248人(42.6%)の人が結婚記念日に「何もしていない」ことがわかった。せっかくの記念日には、パートナーに再び愛を誓ってみてはいかがだろうか。

Q. 結婚記念日にパートナーと何かしていますか?
※「何もしてない」248人を除

<調査概要>
集計期間:2020年1月14日~1月21日
調査方法:インターネット集計
調査対象:20代~60代の男女
調査人数:全国582名

出典元:株式会社アスカネット

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。