人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

果汁と果皮で味も香りも全く違う!ゆずのクラフトビールが人気の理由

2020.04.03

左:スプリングバレーブルワリーの期間限定醸造「YUZU Sparkling 〜FARM to SVB高知産ゆず〜」。右:高知カンパーニュブルワリーの「ゆずペールエール」。いずれもオンラインショップで購入可能。

ゆず、ユズ、柚子胡椒男子などなど、昨今ゆず好きが増加中。ゆずの香りを楽しむクラフトビールを2本、ご紹介しよう。1本はスプリングバレーブルワリー(以下SVB)の限定醸造「YUZU Sparkling 〜FARM to SVB高知産ゆず〜」(以下「YUZU Sparkling」。もう1本は高知カンパーニュブルワリーのTOSACO「ゆずペールエール」だ。SVBはゆずの果汁を、TOSACOはゆずの果皮を、原材料に使用している。現在、高知県アンテナショップ「まるごと高知」でコラボ販売もされている。それぞれのこだわりを聞いてみた。 

高知カンパーニュブルワリー代表兼ブリュワーの瀬戸口信弥さん(左)と、SVB東京ヘッドブリュワーの古川淳一さん(右)。

高知産ゆずの香りをギュッと詰めたエール

各地の農産物をビールの原材料に活かす。クラフトビールの得意技だ。SVBでは昨年から「地域の農業と東京・代官山の醸造所を繋ぐ」を趣旨に「FARM to SVB」企画をスタート。これまで広島県因島産のはっさく、北海道厚真町産のハスカップ、鹿児島県種子島産の安納芋、福島県産の桃を使った限定醸造ビールを提供してきた。その第5弾が高知産のゆずだ。

なぜ高知産なのか。ゆずの名産地といえば徳島、愛媛なども知られるが、SVB東京ヘッドブリュワーの古川淳一さんは高知を選んだ理由を、「各地のゆずの味比べをした結果、高知産がもっとも香りが強かった」と話す。「ハーブのよう香木のような。香りが強いのは果汁よりも果皮ですが、ゆずの香りと味をしっかり味わっていただくために果汁を使いました。皮ごとギュッと圧搾した果汁です」。

ゆずのやさしい酸味とフレッシュな香り。「YUZU Sparkling」はフルーティなエールだ(タイプは発泡酒)。

香り高い高知産ゆず。

果汁を搾った後の皮を有効利用

果皮を使用したTOSACOの「ゆずペールエール」の醸造元は、高知県のクラフトビール「高知カンパーニュブルワリー」だ。果皮を使う理由は「シトラスな香りを楽しんでいただきたいから」と代表の瀬戸口信弥さんは話す。

瀬戸口さんが高知香美市に、高知カンパーニュブルワリーを立ち上げたのは2年前の2018年。それまで大阪で電気機械のエンジニアとして仕事していた。

「私が世界で一番好きなものはビール。しかし私の妻はビールが苦手でした。いっしょに飲めるビールを造りたいと思い、ブリュワーを目指したのです」

なぜ高知なのかといえば、たまたま妻の兄が高知の大学の学生で、その兄を訪ねて遊びに行くうちにすっかり高知が気に入ったからだと言う。「人も自然もあったかい」。好きな場所で、好きなものを、好きな人と造りたいと、瀬戸口さんは高知に移住して、高知カンパーニュブルワリーを創業した。電気技師の腕を活かして醸造設備をDIYし、初期の設備投資を抑えた。

「ゆずは高知の食文化に根づいています。加工品も多く、果汁を搾った後の皮を有効活用しています」

一方で、高齢化が著しい高知の農家。山の斜面に収穫されないまま放置されているゆずの樹木は少なくない。
「ゆずの実は長い枝挟みを使って収穫するので、かなり大変なんですよ。そこで私たちが収穫のお手伝いに行っています。農家さんも、ゆずが収穫されないまま落ちてしまうより、ビールになってくれたほうがいいと思ってくれているようです」

現在は150リットルのタンクが7基。1回で仕込み量が少量なので、ほぼ毎日、仕込み作業を行う。

TOSACOの「ゆずペールエール」のゆずの香りは、ほんのりと上品だ。「通年の定番ビールなので毎日飲んでも飽きられない味に」設計したという。これは瀬戸口さんの妻も大好きな1本になったそうだ。「毎日仕込んでいますから、醸造の腕は上がっていると思います」と、瀬戸口さんはにっこり笑った。

高知県のアンテナショップ「まるごと高知」では、ゆずのクラフトビールに合うおつまみの特設販売を行っている。

ゆずは和食に合う。この2本のゆずクラフトビールは、いずれも高い香りながらながら食事を引き立てる。まさに、ゆずのようなビールだ。ここのところ家飲みも増えている。ゆるゆる楽しむ食事のお供におすすめしたい。

(データ)
高知県アンテナショップ「まるごと高知」(電話:03-3538-4365)で2本セットを数量限定で販売中。
「YUZU Sparkling 〜FARM to SVB高知産ゆず〜」はSVB東京・横浜・京都、BEER TO GOにて数量限定で提供中。
BEER TO GOではTOSACO「ゆずペールエール」も4月19日まで提供予定。*いずれもオンラインショップで購入できる。

取材・文/佐藤恵菜

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。