人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アラサー女子の7割以上が「20代前半の頃と比べてバストのシルエットやラインが変わった」と実感

2020.04.03

日常のふとした瞬間に変化を自覚する「バストのシルエット」

浴室で鏡を見たときに垂れたと感じる」(28歳)

タイトな服を着たときにバストの位置が下がったように感じる」(33歳)

仰向けに寝たときに重力に負けているのを感じる」(32歳)

20代前半の頃と比べて、バストのシルエットやラインに変化を感じたことがある人が、実に73%もいることがワコールの「からだのシルエット」に関する意識調査で明らかになった。

バストをきれいに保ちたいという気持ちはありますか?」と聞くと、98%と大多数の女性が「ある」と回答。ただし、その一方で「バストの形ややわらかさについて不安がある」人も約9割(89%)にのぼっている。

多くの女性が、バストのシルエットをきれいに保ちたいという気持ちがありながらも、現在のバストの状態に不安を感じているようだ。

しかし、「バストのシルエットの変化に対して、現在何か対策をしていますか?」と聞いた質問では、「対策をしたいが、できていない」が63%で最多になった。

また、女性たちからは、「バストアップのマッサージをしていたが、忘れることが多くて継続できなかった」(26歳)、「バストアップ用のクリームやサプリメントを試したが、どれも変化が感じられなかった」(28歳)などの声もあがっている。

これらの調査結果から「手軽で継続しやすい」かつ「シルエットをととのえるうえで変化が実感しやすい」対策法が求められていると言えそうだ。

最後にワコール のビューティーアドバイザー北原 三知世さんのアドバイスを紹介したい。

バストのシルエットをととのえるうえでは、まず「下着」選びにこだわることが重要です。

最近は、ラクな着用感の下着を好む女性が増えています。一方できれいに見せたい、美しくボディメイクをしたいというニーズもよく伺います。

年齢を重ねたバストやシルエットの変化におすすめなのは、サイズと体型に合った下着選びです。補整力の高いブラジャーで、しっかりサポートして最大限にバストメイクすることもおすすめです。

ラクさを重視したい方は「補整力の高いノンワイヤーブラ」を選ぶとよいでしょう。ワイヤーがなくても、しっかりバストを包みこんで持ち上げてくれるアイテムを選べばシルエットは美しく見えます。

自分に合った、補整力が高い下着をつけると、ニットやブラウスなど洋服を着たときのシルエットも大きく変わります。いつもと同じコーディネイトでも、スタイルがよく見えておしゃれに着こなせると思いますよ

調査概要

地域:全国
対象:2534歳女性500名(2529歳/3034 250名)
調査期間:201911
調査方法:インターネット調査(ワコール調べ) とのえるうえで変化が実感しやすい」対策法が求められていると言えそうだ。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。