人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ノイキャン、高音質、サングラス型、シーンに合わせて選びたい完全ワイヤレスイヤホン4選

2020.04.19

ソニー『WF-1000XM3』

高音質を実現した完全ワイヤレスイヤホンなら、動画鑑賞もスポーツ観戦も、自宅、仕事先、移動中問わず目立たずに迫力ある音で楽しめる!

ワイヤレスイヤホン

〜賢者の心得〜

●移動中も屋内も完全ワイヤレスが使いやすい

●アンダー5000円の格安モデルに高音質ナシ

●耳へのフィット感はイヤピースで徹底追求する

ゴン川野さん

デジカメ&オーディオライター
ゴン川野さん

24時間どこでも聞けるワイヤレスイヤホン

 国内で行われるスポーツイベントなどは、時差がないのでリアルタイムで視聴したくなる。仕事の合間に中継を楽しむなら、完全ワイヤレスイヤホンがイチ押しだ。モバイル環境であればノイズキャンセリング機能搭載モデル、アウトドアならサングラスタイプ、さらに音質重視モデルと重低音再生モデルの4機種を選んだ。Bluetooth接続イヤホンを選ぶ時の注意は、接続の安定性、そして連続再生時間、耳へのフィット感である。再生時間を増やすにはバッテリーを大きくする必要があり、耳へのフィット感は悪くなる。どちらを重視するかが悩みどころになる。接続の安定性は搭載するBluetooth通信モジュールが決め手となるため新モデルほど有利なのだ。

「ヘッドフォン祭」や「ポタフェス」などのイベント前後を狙う

ヘッドホン関係のイベントに合わせて新製品が登場するため現行モデルの値崩れが発生する。

サイズ以外は弱点なしの鉄板モデル

ソニー『WF-1000XM3』

ソニー『WF-1000XM3』

オープン価格(実勢価格約2万2700円)

自社開発によるノイキャン用プロセッサー搭載により他社を圧倒するノイズ低減効果を実現。急速充電対応で連続再生6時間。操作はタッチで外音取り込み機能も搭載。高音質化のためにDSEE HXを新搭載した隙のないハイエンドモデル。

ソニー『WF-1000XM3』

専用アプリで使用者が歩いているか、止まっているかを検出、ノイキャン機能などを最適化。

ソニー『WF-1000XM3』

本体の内側と外側にマイクを配置。騒音をリアルタイムにモニターしながらノイズを低減。

●ドライバー:ダイナミック型φ6mmドーム型 ●コーデック:SBC、AAC
●充電/駆動:1時間半/6時間(ノイキャンOFFで8時間) ●重量:8.5g

〜賢者の視点〜

高性能なノイキャン機能に高音質、安定した接続、長時間再生と完全ワイヤレスの決定版。サイズはやや大きい。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。