人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「在宅勤務」と「テレワーク」の違いって?テレワークで効率良く仕事をこなすヒント

2020.04.01

テレワークを始めてみたら、自宅には誘惑がいっぱいだったり、家族がいて落ち着かなかったり…。慣れも必要ではあるが、成功に導くためのメソッドもある。そんなテレワークに関連した記事を集めてみたので参考にしてみては?

サボりを防ぐ仕組みとは?

「在宅勤務」とは?「テレワーク」の違いも解説

政府が新たに定めた1億人総活躍社会の実現のための「働き方改革」。勤務時間の短縮、労働条件の改善のために様々な動きが各会社で見られる中、注目されているのが「在宅勤務」と呼ばれる業務形態だ また、昨今の新型コロナウィルスなどの影響もあり、企業経営に必須となりつつある。 今回はそんな働き方改革を進める、在宅勤務について解説していく。

【参考】https://dime.jp/genre/868149/

在宅勤務だとつい怠けがちに…サボりを防ぐ仕組みの作り方

新型コロナウイルスの影響で、より社会に広まりつつある在宅勤務。そんな在宅勤務は、周囲に上司や同僚がいない環境で仕事をする必要性があるので、自宅で従業員がさぼってしまうのではないかという不安が付き物。今回は、企業側が従業員が在宅勤務でさぼらないための仕組みを紹介していく。

【参考】https://dime.jp/genre/871064/

正社員でも在宅勤務で働ける職種はあるのか?

近年、働き方の多様化が進み、フリーランスや個人事業主など企業に所属せずに、自分のペースで好きな場所で働くという選択をする人が増加している。 しかし、1人で起業したり、フリーランスで働くのはハードルが高く、リスクも大きい。そこで注目されているのが、企業に正社員として所属しながら家で作業する「在宅勤務」という業務形態。では、本当に正社員ながら在宅勤務という働き方はできるのだろうか。

【参考】https://dime.jp/genre/874770/

新型コロナウイルスの感染拡大で進むテレワーク、導入を成功につなげる5つのポイント

多くの企業でテレワークの活用が急速に広がっている。働き方改革にともない、自宅で仕事ができる環境を整える動きがあったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、顕著になりつつある。 今回は私がこの数年取材をしてきた中で、最もスムーズにテレワークの導入を進めていた大手メーカー(正社員1200人)の事例を紹介したい。

【参考】https://dime.jp/genre/868304/

 さらに、雑誌「DIME」最新号の特集は「最強!快速!テレワークギア」。新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を行なう人が急増していますが、それに伴って、様々なストレスや問題が生じているというのも事実。そんなテレワーカーのために、快適なテレワークを実現するための、デバイスの選び方(Web会議対応パソコン、高精細Webカメラ、超速Wi-Fiルーター、サブモニター、デスクライト、スピーカー、姿勢矯正椅子など)、本当に使えるビジネスチャットツール、効率的な仕事の進め方、環境づくりのノウハウ、セキュリティー対策、ソリューションサービスなどを詳しく紹介。さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。

 そのほか、超便利な万能キャンプギア図鑑、いま買うべき必勝株、再開発で進化する東京のトレンドスポット、注目度No.1のスーパールーキー・佐々木朗希徹底解剖など、今、知りたい情報がてんこ盛りのDIME6月号、ぜひお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

『DIME』6月号
2020年4月16日発売
特別価格:本体900円+税
小学館

<ご購入はコチラ>
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B086L975TG/
楽天: https://books.rakuten.co.jp/rb/16283614/
7net: https://7net.omni7.jp/detail/1218447306/

※ネット書店は売り切れの場合もありますので、是非お近くの書店、コンビニでもお買い求めください。

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。