人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

急増する「在宅勤務」で注目を集めるチャットツール導入の意義と始め方

2020.04.01

突然在宅勤務となったビジネスパーソンにとって、もっとも辛いのはちょっとしたコミュニケーションが気軽にできなくなることではないだろうか。そんなジレンマを解決するのがチャットツール。ここではチャットツールの使い方をメインに在宅勤務を快適にする方法をご紹介しよう。

仕事がはかどる環境作りのポイントも!

チャットツールをビジネスで活用するための3つのポイント

ビジネスチャットは決して珍しいものではなくなってきた。一部の企業では社内でビジネスチャットツールを採用し、社内コミュニケーションをスムーズにしている。 しかしビジネスで利用するチャットにおいては、プライベートで利用するチャットのルールをそのまま持ち込んではいけないこともある。そこで、チャットツールをビジネスで使用する際のポイントについて識者に聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/504640/

生産性が32%向上、ミーティング数は1/4、社内メールが半減!ビジネスチャットツール活用のススメ

スマホとSNSはコミュニケーションを一変させたが、そのトレンドがビジネスにも浸透しつつある。電話とメールから「ビジネスチャット」へ。これからのビジネスに必須となる新しいツールをまとめてご紹介します!

【参考】https://dime.jp/genre/596533/

チャットや遠隔会議で学びの量と質がアップする!?テクノロジーを活用した新しい学び方

リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所が実施した「職場での個人の学びに関する実態調査」では、学びのテクノロジー活用のトレンドが分かった。すでにテクノロジーを活用して新しい学びを実感しているビジネスパーソンもいる。 その具体的な方法や新時代の新しい学び方を、組織行動研究所の調査結果をもとに探る。

【参考】https://dime.jp/genre/808726/

リモートワークでもオフィスのように集中できる環境づくりのポイント

リモートワークは、いつもオフィスで仕事をしていた人にとって、大きく環境が変わることから、戸惑うことも多いだろう。特にリモートワークは、自宅やコワーキングスペースなどで、集中できるかどうかが不安になることもある。気軽に近くの社員に相談できない、という不安もあるかもしれない。 そこで今回は、リモートワークでオフィスと変わらない、仕事がはかどる環境づくりのポイントを、リモートワークをサポートしている株式会社キャスターに聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/856930/

 さらに、雑誌「DIME」最新号の特集は「最強!快速!テレワークギア」。新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を行なう人が急増していますが、それに伴って、様々なストレスや問題が生じているというのも事実。そんなテレワーカーのために、快適なテレワークを実現するための、デバイスの選び方(Web会議対応パソコン、高精細Webカメラ、超速Wi-Fiルーター、サブモニター、デスクライト、スピーカー、姿勢矯正椅子など)、本当に使えるビジネスチャットツール、効率的な仕事の進め方、環境づくりのノウハウ、セキュリティー対策、ソリューションサービスなどを詳しく紹介。さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。

 そのほか、超便利な万能キャンプギア図鑑、いま買うべき必勝株、再開発で進化する東京のトレンドスポット、注目度No.1のスーパールーキー・佐々木朗希徹底解剖など、今、知りたい情報がてんこ盛りのDIME6月号、ぜひお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

『DIME』6月号
2020年4月16日発売
特別価格:本体900円+税
小学館

<ご購入はコチラ>
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B086L975TG/
楽天: https://books.rakuten.co.jp/rb/16283614/
7net: https://7net.omni7.jp/detail/1218447306/

※ネット書店は売り切れの場合もありますので、是非お近くの書店、コンビニでもお買い求めください。

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。