人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界の「法的に存在しない子ども」の数は1億6600万人、ユニセフ発表

2020.04.01

数えきれないほど多くの子どもたちがいまだ隙間をすり抜けて、数えられることなく、行方も分からないのです

とユニセフ事務局長のヘンリエッタ・フォアは述べた。

世界には「法的に存在しない子ども」が1億6,600万人もいることをご存知だろうか。

出生登録を行うことを妨げる根本的な原因

ユニセフは出生登録されている子どもの数は世界で大幅に増えているものの、1億6,600万人の5歳未満の子ども(4人に1人に相当)がいまだ未登録であることを明らかにしている。

出生登録されていない子どもは見えない存在だ。

政府の政策や法律においては存在しないことになる。身元の証明ができないと、その子どもは教育、保健、その他の不可欠なサービスから除外されることが多く、搾取や虐待を受けやすくなるという。

出生登録がされない理由としては、子どもの出生登録方法に関する知識の不足、出生登録または出生証明書の申請料金の高さ、登録が遅れた場合の追加料金、最寄りの登録施設までの遠さなどが挙げられる。

加えて、子どもを産んだばかりの母親は屋内にいるべきなど、一部のコミュニティでの伝統的な慣習も、時間内に出生登録を行うことを妨げる原因になりえる。

なお、子どもが登録されている場合でも、出生証明書を所持することはあまり一般的ではなく、世界で2億3,700万人の5歳未満児、つまり約3人に1人が登録を証明する公式書類を持っていない。

報告書において、ユニセフはすべての子どもを守るために以下の5つの行動を求めている。

・すべての子どもに、出生の証明書を提供する。

・すべての親に対し、出生時、性別を問わず子どもを登録するよう後押しする。

・出生登録を他のシステムと連動させ、保健、社会保障、教育などのサービスに対する子どもの権利を促進する。

・安全で革新的な技術に投資し、出生登録を促進する。

・すべての子どもの出生登録を実施できるようコミュニティに働きかける。

生まれてすぐに出生登録をすることができず、1歳になって完了したブルンジの男の子とその母親。(2019年9月25日撮影) © UNICEF_UNI213089_Prinsloo

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。