人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高画質技術が成熟し価格もこなれた水準になった今が買い時の4K有機ELテレビ5選

2020.04.27

高画質で臨場感アップの理由

自宅観戦の必須アイテムといえるのが高画質な大画面テレビ。中でも各社が自慢の技術を投入した4K有機ELテレビなら、最高峰の映像で選手たちの勇姿を楽しめる。モデル選びと購入のコツを販売のプロに聞く。

4K

〜賢者の心得〜

●買い替えは60V型以上がおすすめ

佐藤壮史さん

ビックカメラ 執行役員
商品本部副本部長 商品部長
佐藤壮史さん

高嶺の花ではなくなり、買い替えの最有力候補に

 今欲しい家電の筆頭といえば、間違いなくテレビ。中でも現在の売れ筋は、メーカー各社が高画質技術を惜しみなく投入している4K有機ELテレビ。2018年に新4K衛星放送がスタートしたこともあり、着実に需要が伸びている。

 ビックカメラの佐藤壮史さんも、その性能に太鼓判を押す。

「4K有機ELテレビは、高精細かつ高機能で、色表現もすばらしく、購入後の満足度も高いようです。特におすすめなのが、60V型以上の大型モデル。推奨視聴距離からしても、60V型は8畳の部屋でも楽しめます」

 そもそも4K有機ELテレビのラインアップは、55V型から。「少し大きいかな」と躊躇する人もいるだろうが、現行モデルはフレームが細く、全体サイズもダウンしている。今まで49V型程度の液晶テレビを使っていた家庭なら、55V型も許容範囲だろう。

 昨年の秋冬モデルの価格も落ち着いてきて、決して高嶺の花ではなくなってきた。買い時を逃さず、しっかり備えたいところだ。

高画質で臨場感アップの理由

高画質で臨場感アップの理由

高精度の倍速表示で素早い動きもなめらかに

素早く激しい動きがある映像でも、選手などのオブジェクトが動く量を検出して倍速補間。くっきりなめらかに映し出す。

シーンに合わせて明るさを最適化

多彩なHDRフォーマットに対応し、応用技術も充実。映像シーンごとに輝度情報を緻密に検出し、光の色味までも再現する。

独自アルゴリズムで色彩を忠実に再現

各社自慢の映像アルゴリズムも進化。動的に色の補正量を変化させ、明暗の階調や色彩をリアルタイムで忠実に再現する。

AIの深層学習で映像ごとに高画質化

AIの深層学習を活用するモデルが増加。シーンに応じて明るさなどを制御し、地デジ放送なども高コントラストに変換する。

ディスプレイの進化で実現した最高峰画質

パナソニック『ビエラ GZ2000シリーズ』

パナソニック『ビエラ GZ2000シリーズ』

オープン価格(実勢価格55V型約38万円、65V型約50万円)

自社設計・組み立ての有機ELディスプレイと高画質化技術「ヘキサクロマドライブ プラス」を採用し、細部まで高画質を追求。3ウェイ3.2chスピーカーと、上向きの2chイネーブルドスピーカー、「Dolby Atmos」への対応で、音も最高のクオリティーを実現した。

包み込むような立体音響!

包み込むような立体音響!

背面のイネーブルドスピーカーは、天井の反響を利用して立体的な音響を実現。

明暗を追求した理想の画質

明暗を追求した理想の画質

自社設計の新ディスプレイは、発光性能を高め、漆黒から眩い光の輝きまで再現する。

●スピーカー合計出力:最大140W
●内蔵チューナー:BS4K・110度CS4K×2、地上デジタル・BS・110度CSデジタル×3
●HDR対応:HDR10、HDR10+、HLG、Dolby Vision
●サイズ(外形・スタンド含む):W1446×H907×D310mm・約40kg(65V型)、W1225×H783×D310mm・約33kg(55V型)

〜賢者の視点〜

4K有機ELテレビの中でも際立った高画質を実現したモデル。「Dolby Atmos」に対応し、テレビ単体でも立体音響の高音質が楽しめます。

HDDの併用でさらに便利に

東芝『レグザ X930シリーズ』

東芝『レグザ X930シリーズ』

オープン価格(実勢価格55V型約26万円、65V型約47万円)

新世代の有機ELパネルと映像処理エンジン「レグザ エンジンProfessional」を組み合わせて、プロスペックの高画質を実現。プロ使用も想定した映像分析・設定機能を備える。別売りHDDを使った全録機能「タイムシフトマシン」も便利だ。

東芝『レグザ X930シリーズ』

総合出力50Wのマルチアンプで駆動する2ウェイスピーカーユニットを内蔵。豊かな低音とクリアな音質を実現している。

●スピーカー合計出力:最大50W
●内蔵チューナー:BS4K・110度CS4K×2、BS・110度CSデジタル×3、地上デジタル×9、CATV(C13〜C63)、4K放送スカパー!プレミアムサービスチューナー
●HDR対応:HDR10、HDR10+、HLG、Dolby Vision
●サイズ(外形・スタンド含む):W1447×H844×D267mm・約47.5kg(65V型)、W1226×H720×D251mm・約37.5kg(55V型)

〜賢者の視点〜

タイムシフトマシンは対応HDDが必要ですが、生活が変わる便利な機能! フレーム処理やノイズ低減機能も優秀です。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。