人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アビガン、レムデシビル、新型コロナウイルス治療薬の開発はどれくらい進んでいるのか?

2020.04.01

もはや、自分や自分の近しい人がいつ罹ってもおかしくないフェーズに突入している新型コロナウイルス問題。今確認すべきは、罹らないための予防法と共に、罹った後の対処法であり、さらに「治療薬」の実用化が現時点でどの程度進んでいるのかを知りたい人も多いはずだ。

そこで今回、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が発行した「新型コロナウイルス治療薬」に関するレポートを紹介していきたい。

抗インフルエンザ薬や抗エイズウイルス薬など既存薬に注目

『新型コロナウイルス治療薬』の新薬開発とともに国内では国立国際医療研究センターを中心に他の用途で開発された既存薬の検証を進めている。

抗インフルエンザ薬の「アビガン」や、抗エイズウイルス薬の「カレトラ」、エボラ出血熱の治療薬「レムデシビル」といった『新型コロナウイルス治療薬』候補の患者への投与を始めた。『新型コロナウイルス治療薬』の開発には時間を要するため、既存薬を使った治療が注目されている。

「アビガン」は富士フイルム富山化学が開発

抗インフルエンザ薬の「アビガン」は、富士フイルム富山化学が開発した。ウイルスの増殖を抑える効果が期待されている。日本では現時点で200万人分を備蓄している。

3月17日には、中国科学技術省が記者会見を行い、臨床研究で有効性を確認したと発表した。ただ同薬は副作用の関係で全ての患者に投与できるわけではなさそうだ。

「レムデシビル」は米製薬大手のギリアド・サイエンシズが開発したエボラ出血熱の治療薬で、ウイルスの増殖を抑える効果が期待されている。

中国で新型コロナの患者に投与したところ効果が確認され、同社は日米中などでの最終治験を始めた。ただ同薬はエボラ出血熱の治療薬としても未承認薬のため承認される必要がある。

既存薬の新型コロナウイルス抑制効果に期待

新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、各国は入国制限や外出制限などを発動し、経済や株式市場などに大きな影響を与えている。

こうした状況に早期に対応するため、既存薬の「アビガン」、「レムデシビル」などの治験を世界各国で急いでいる。薬品によっては早ければ4月には各国で有効性が確認されると見込まれる。その後投与が進めば、一定の抑制効果を発揮することが期待される。

一方で、これら既存薬は検証例が少なく、副作用の問題など課題も。新型コロナウイルス感染症の克服にはワクチンや新薬の開発が求められる。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。