人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

直近1週間でマスクが買えた店はどこ?レシートと商品バーコード情報からわかった意外な場所

2020.03.31

3月14日からマスクのオークションサイトへの出品、いわゆる「転売」が禁止となった。これで、マスクが安定供給されるかと思いきや、一度狂った生産・流通の歯車は簡単には元に戻らないらしく、相変わらずの品薄状態が全国的に続いている。

そんな状況の中、株式会社リサーチ・アンド・イノベーションは、運営する「レシートがお金にかわる家計簿アプリCODE(コード)」(https://code.r-n-i.jp/)で登録された大量のレシートと商品バーコード情報(特許第5980448号、特許第6425297号)を基に、直近1週間(2020年3月16~22日)で実際にマスクを購入できた流通チャネル、流通チェーンを公表。

これによって、実際に購入されたマスクの具体的な商品ランキングや、マスクが大量に購入された時期にどんなユーザーが購入していたのかなどが明らかになった。

マスクカテゴリ*の購入数推移

直近100日間のマスクの購入数の日別推移グラフ。1月18日あたりから山が動き始め、1月30日にピークを迎えたことがはっきりとわかる。なお、色の違いはマスクの商品名ごとの積み上げによるもの。

商品別購入数ランキング

直近7日間(3/16-22)のマスクの商品別購入数ランキングTOP10。今買うことのできているのはこれらの商品だ。「PITTA MASK GRAY(3枚入り)」が、他商品と比べ得て単価(当社調べ中央値:474円)がやや高いものの、購買ランクで2位となっている。

購入チャネル別グラフ

直近7日間(3/16-22)にマスクが購入されたチャネル別グラフ。チャネル単位で見るとドラッグストアが圧倒的な状況。次いで、コンビニエンスストアとスーパーがほぼ同じ購買数となっている。

購入チェーン別グラフ

直近7日間(3/16-22)にマスクが購入されたチェーン別グラフ。チェーン単位で見てみると、ドラッグストアに限らず、コンビニエンストアも在庫確保に健闘していることが分かる。

マスクを一斉に買い求めたユーザー属性

マスクカテゴリの購入数推移グラフが急上昇した期間(1/23-1/30)にマスクを購入したユーザー属性のグラフ。

*:商品カテゴリは、一般財団法人流通システム開発センターのJICFS(JANコード統合商品情報データベース)を基にしている。

出典元:株式会社リサーチ・アンド・イノベーション
https://r-n-i.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。