人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

専用ブリッジがなくても操作できるフィリップスのスマートLED照明にBluetooth接続に対応した「Hue Bluetooth+Zigbee」が登場

2020.03.30

シグニファイジャパンは、スマートLED照明「Philips Hue」シリーズからBluetooth接続に対応した「Hue Bluetooth + Zigbee」を発表。「Hue Bluetooth + Zigbee」は、「Philips Hue フルカラー シングルランプ Bluetooth + Zigbee」、「Philips Hue ホワイトグラデーション シングルランプ(電球色~昼光色)Bluetooth + Zigbee」、「Philips Hue ホワイト シングルランプ(電球色)Bluetooth + Zigbee」の3製品を3月19日より順次発売する。

「Philips Hue」は、スマホやAIスピーカーで簡単にコントロールできるスマートLED照明。本製品は、Bluetooth接続に対応したモデルで、自宅などのソケットにHueライトを設置し、スマートフォンなどとペアリングするだけで、ライトのオン/オフや明るさ・色の変更、タイマー・スケジュール設定などの機能を、Philips Hueの基幹装置である「Hue ブリッジ」がなくても行なうことができるのが特徴だ。

もちろん、Hueブリッジにつなげることで、スマートフォンのGPSを読み取り、外出・帰宅時にライトを点灯・消灯させる「GPS連動(ジオフェンス機能)」の使用や、外出先からのPhilips Hue製品の操作など、従来の機能全てを利用することが可能だ。

主な仕様は以下の通り。

Amazon.co.jpでの販売価格は「Philips Hue フルカラー シングルランプ Bluetooth + Zigbee」が7,480円、「Philips Hue ホワイトグラデーション シングルランプ(電球色~昼光色)Bluetooth + Zigbee」が3,740円、「Philips Hue ホワイト シングルランプ(電球色)Bluetooth + Zigbee」が2,398円。

手軽に導入できるので、スマートライトに興味がある人は試してみては?

関連情報
https://www2.meethue.com/ja-jp

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。