小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人気マンガ「君は放課後インソムニア」の世界観が体験できるラジオ配信アプリ「Spoon」が話題

2020.04.10

昨今、3次元的な臨場感が味わえる「立体音響」や、咀嚼音などの「ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)など、音に関するコンテンツが話題を呼んでいる。人の想像力に訴えかけ、独特の心地良さをもたらす「音コンテンツ=オーディオコンテンツ」は、視覚的なコンテンツにはない刺激や楽しみ方があり、今後も注目が集まりそうだ。

週刊ビックコミックスピリッツで連載中の『君は放課後インソムニア』にも、作中にオーディオコンテンツを使った”胸キュンシーン”が登場する。本記事では、同作のあらすじとその”胸キュンシーン”を紹介した上で、実在する話題のオーディオコンテンツサービス「Spoon」について紹介したい。

『君は放課後インソムニア』のあらすじと話題の”胸キュンシーン”

週刊ビックコミックスピリッツで連載中の『君は放課後インソムニア』は、青春漫画の旗手オジロマコト先生の最新作。10代の「インソムニア=不眠症」をテーマとしながらも、その内容は明るく前向きで、"青春時代の甘酸っぱさ"を感じさせてくれる作品だ。2020年4月10日には、最新の3巻が発売される。

https://www.shogakukan.co.jp/books/09860573

ある日、不眠症で悩む高校生「中見丸太(なかみがんた)」は偶然、クラスメイトの「曲伊咲(まがりいさき)」が同じ悩みを抱えていることを知る。同じクラスでありながらほとんど会話をしたことのなかった二人だが、秘密を共有することで、徐々に心の距離が縮まっていく。

二人はあるきっかけにより、物置になっていた校内の天文台で天文部を発足することに。新たな「夜の過ごし方」を見つけた二人は、「一緒にいる時には良く眠れる」ことに気づき、お互いが「なくてはならない存在」になっていく。

https://www.shogakukan.co.jp/books/09860395

27話から28話では「個人が配信できるラジオアプリ」を使い、中見が曲に「1人だけ聴けるラジオ」を配信する。それを聴いた曲は心地良く「寝落ち」することができ、翌日は曲が中見のためにラジオ配信をするシーンが印象的だ。

実は、現実世界にも個人でラジオ配信ができるアプリがあるのをご存知だろうか。それが、Mykoonが提供するサービス「Spoon」だ。

ラジオ配信アプリ「Spoon」とは?

Spoonは、誰でもラジオの配信者(パーソナリティー)になれるソーシャルラジオサービス。2019年に登場した同サービスが今、10代から20代の若者を中心に注目を集めている。

このサービスは、「必要なのは声だけ!」のキャッチフレーズのとおり、動画のように顔出しをせずとも、声だけで自分の番組を無料配信できるのが最大の特徴だ。

もちろん、配信だけではなく「聴くだけ」の利用も可能。Spoonに配信されているラジオのジャンルは、「弾き語り」「ものまね」「雑談」「朗読」「大喜利」など多岐にわたる。

YouTubeやSNSなどに近い操作性と独自機能

同サービスの主な機能は、リアルタイム配信の「LIVE」、収録した音声を配信する「CAST」、特定のお題にみんなが声で反応する掲示板「TALK」の3つ。

特に「TALK」の機能は、他のサービスにはない新しさがある。例えば、「好きな曲を歌ってください」「おはようと言ってください」というお題に対し、ユーザーが思い思いの声を録音し投稿。同じ言葉・セリフでも声や伝え方によりこれほど違いがでるのかと、思わず感心させられる面白い機能だ。

また、お気に入りの配信者を登録する「+FAN」、配信者にいいね!を送れる「ハート」といった、SNSでお馴染みの機能も搭載されている。さらに、投げ銭機能「スプーン」(課金)で配信者を応援することも可能だ。

30代以上でも楽しめるのか、実際にSpoonを体験

さて、先述したとおりSpoonは10代から20代の利用者が多い。しかし、30代以上の人でも楽しむ方法があるのではないかと思った筆者(齢35)は、思い切ってSpoonの世界に飛び込んでみることにした。

ダウンロードしたアプリを開くと、登録画面が現れる。

Facebook、Twitterアカウントを利用すれば、登録は一瞬。続けてニックネームや自分の興味のあるテーマを登録すれば、あとは自由に利用できる。

表示されたものの中から実際にLIVE配信を聴いてみると、突然「久我さん(筆者)いらっしゃい」と本名で声をかけられ驚いた。そう、配信者は今誰が自分の放送を聴いているのか把握できるようになっているのだ。

参加者のコメントを読み、反応することで雑談配信をする番組(Spoon内では「枠」と呼ばれている)が多いため、FacebookやTwitterで登録した方は、必ずニックネームやアイコンの設定を確認しておいてほしい。(照れくさくなった筆者は、そそくさと「枠」を去りニックネームへ変更)

その後、改めてさまざまな枠に突入してみたが、全体的に若い人が多い印象でSpoon内に漂う「独特のノリ」や「専門用語」にたじろぐばかり。

30代以上の人でも楽しみ方はたくさんある

そこで、Spoonを運営するMykoonでマーケティングを担当している中西さんに、30代以上の人の楽しみ方やSpoonの目指す世界観についてお話を伺ってみた。

――30代以上の人が楽しむコツはありますか?

中西:30代以上の方はCASTの中でも特に「ラジオ風コンテンツ」を掃除や家事の合間、通勤中に「ながら聴き」してみるのをおすすめします。配信の場合も顔出しする必要がないので、料理をしながらなど「ながら配信」も簡単に楽しめますよ。今現在のユーザー層は10代~20代が多いですが、今後は多様な年齢層の方に動画とはまた違うオーディオの魅力を知っていただきたいと思っています。

――サービスの提供者側として、Spoonをどのように活用してもらいたいですか?

中西:配信者にとっては”飾らない自分を思い切り表現できる場”として、リスナーにとっては普段の日常に”耳からの小さな幸せ”を得られる、そんな場であってほしいと思っています。まるで友達と話しているような感覚で、誰かと深い話ができるような“あたたかい場所”になればという思いです。

なるほど、部屋で正座をしてLIVE配信を聴いていた筆者だったが(嘘)、もっと気軽に「ながら聴き」をして、コメントをするなど、思い切ってコミュニティに深く関わってみるのがより楽しむ秘訣のようだ。

Spoonには、広島弁のかわいい声、アニメ系ボイス、イケボ(イケメンボイスのことらしい)、弾丸トークを続ける人、ものまねが激似の人など、本当に個性豊かな配信者が多い。

もしかしたら筆者と同世代以上の方は、慣れるまで”戸惑い”を感じる人もいるかもしれない。しかし、何日か使ってみるとお気に入りの配信者や自分なりの使い方を発見できるようになるはずだ。筆者は配信をする勇気はないが、ラジオパーソナリティに憧れを持っている方は、ぜひ配信にも挑戦してみてほしい。

ちなみに、Spoonには「寝落ちタイマー(10〜90分)」機能が備わっている。『君は放課後インソムニア』の中見や曲のように、「お気に入りの声で寝落ち」ができるため、「夜眠れない」という方も、Spoonを活用してみてはどうだろうか。

『君は放課後インソムニア』:https://www.shogakukan.co.jp/books/09860395
Spoonアプリ(iOS)
Spoonアプリ(Android)

取材・文/久我裕紀

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。