人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ファーウェイの5Gスマホ「Mate 30 Pro 5G」はGoogle Play非対応でどこまで使えるか?

2020.03.30

ややクセのある操作性だが、慣れれば快適に使える

 ハードウェアとしては、音量ボタンが非搭載なのが特殊と言えるだろう。一般的なAndroidスマホには、左右どちらかに電源キーと音量ボタンがあるからだ。音量ボタンは、ソフトウェア的に実装されており、画面の左右、どちらかの上部をダブルタップすると、その設定メニューが現れる。Mate 30 Pro 5Gは、ディスプレイの左右がグイッと曲がっているため、その部分をタップすればいいのは分かりやすい。

音量ボタンは、ソフトウェアとして実装されている

 この形状のお陰で、あたかも左右にベゼルがないかのように見える。インカメラを多機能化した結果、ノッチがかなり目立ってしまっているのは残念なポイントだが、映像への没入感は高い。ソフトウェアで手のひらが触れてしまったときの状態をきちんと検知しているためか、片手で握って操作しても、思わぬアプリが起動してしまうといったことはなかった。

ディスプレイの左右に大きく角度がついており、正面から左右のベゼルが見えづらい

 ただし、音量ボタンがソフトウェア化した結果、スクリーンショットが少々取りづらくなっている。通常のAndroidでは、電源キーの音量ボタンの下を同時に押すことでスクリーンショットを取れるが、Mate 30 Pro 5Gの場合は音量ボタンがないため、その操作ができない。代わりに、指の関節でディスプレイをダブルタップする必要がある。慣れないうちは、この操作が思ったようにできなかった。

スクリーンショットは関節でダブルタップして取ることになる

 ユーザーインターフェイスも、Androidとしてはやや特殊だ。ベースとなっているのはAndroid 10だが、標準ではゼスチャーナビゲーションが採用されており、下部にボタンのようなものは一切表示されない。このモードでは、画面下から上にフリックすることでホーム画面に戻れるほか、左端から右へのフリックで1画面ぶん戻ることが可能だ。慣れればナビゲーションキー以上にサクサク操作できるが、ディスプレイにボタンが何も表示されないため、最初は少々戸惑うかもしれない。

ゼスチャー操作が基本となる。慣れればボタンより素早く操作可能

 なお、ゼスチャーナビゲーションは「設定」の「システムと更新」にある「システムナビゲーション」で変更でき、以前のAndroidのような、3つのナビゲーションキーを表示させることも可能だ。そのぶん、表示領域が減ってしまうのが難点だが、使い慣れた方にしておくといいだろう。

設定でナビゲーションキーを表示させることもできる

 性能は非常に高く、カメラもトップクラスのMate 30 Proだが、やはりAppGalleryをどう見るかで、評価は大きく変わってくる。あれこれ工夫しながら使うのが好きな人には、黎明期のスマホのようで楽しいかもしれないが、実用度という点では疑問符もつく。10年以上の実績があるGoogle Playに一朝一夕で追いつくのは、難しいはずだ。LINEやPayPayのようにユーザー数の多いキラーアプリの拡充は、急務と言える。ファーウェイ・ジャパンの今後のがんばりにも期待したい。

【石野's ジャッジメント】
質感        ★★★★★
持ちやすさ     ★★★★
ディスプレイ性能  ★★★★★
UI         ★★★★
撮影性能      ★★★★★
音楽性能      ★★★★★
連携&ネットワーク ★★
生体認証      ★★★★★
決済機能      ★★
バッテリーもち   ★★★★★
*採点は各項目5点満点で判定

取材・文/石野純也

慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。