人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

思い立ったら24時間いつでもネット予約できる『じゃらん遊び・体験予約』のおすすめポイント3【PR】

2020.03.31PR

暖かくなってアウトドアが気持ちいい季節になってきた。今、家にいる間に、この先の遊びの予定を計画しておきたいと思ったら、『じゃらん遊び・体験予約』をチェックしてみよう。約3万件のプランがあるから、やりたいことがきっと見つかる!

レジャー・アクティビティ予約サイトでNo.1の充実度

「早くお出かけできるようになりたいなー」。そんな気持ちを満足させるためには、どこに行くかも重要だが、出かけた先で何をするかも重要。今しかできない体験や、そこでしかできない体験ができると、満足度が違ってくるからだ。そんな旅先やお出かけ先でのレジャーやアクティビティを調べる時に利用したいのが『じゃらん遊び・体験予約』。

『じゃらん』と言えば、1990年から30年間も発行されている日本の旅行情報誌。その『じゃらん』が運営している『じゃらん遊び・体験予約』だから、良い情報があるに違いない。そんな充実の情報を24時間いつでもネット検索でき、手軽に予約できる。

じゃらん遊び・体験予約

まず第1に情報量の多さに注目したい。ネット予約できるプラン数・利用できる施設数は「レジャー・アクティビティ予約サイト」の調査でいずれも1位を獲得※1。現在では約1.1万施設、3.3万ものプランから気になるものを探せる(2020年3月23日時点)。予約サイトの利用率においても60.7%と、他サイトを大きく引き離しての1位となっている※2。

※1 「レジャー・アクティビティ予約サイト」のネット予約可能プラン数、ネット予約可能施設数調査より。
※2 「アクティビティ予約サイトにおける利用率調査結果」より。

利用者が多いと、必然的に口コミの数も多くなる。せっかくのレジャーで失敗しないために、この利用者の口コミがとても参考になる。『じゃらん遊び・体験予約』の場合は多ければ3桁の口コミがあるので、多くの意見を読むことができる。

そして第2のポイントは、検索のしやすさだ。情報は多いものの、キーワードやジャンルでの検索が可能。エリアや日程、予算、誰と行くかなど、様々な条件でも絞り込めるので、希望する情報に素早く辿り着ける。

例えば今ならいちご狩りがシーズン。全国693件(2020年3月24日時点)もの施設情報がピックアップされるが、そこから地域や日程、価格帯などの条件を入れて絞り込んでいける。

いちご狩りの情報を絞り込み。東京近郊で66件のスポットがピックアップされた。

訪れる日を選択し、「即時予約プランのみ」を選べば、予約可能な施設のみのピックアップが可能。地図で検索結果の場所を確認することもできるので、アクセスから利用する施設を検討するのもいいだろう。行きたいと思った施設は「クリップ」しておけば、いつでも情報を再確認できるのが便利。もちろん予約はネットで手軽にできるので、スムーズにプランを計画できる。

地図でスポットを確認できる。人気順、安い順、口コミランク順で並び替えが可能。

ポイントが〝貯まる・使える〟でお得にレジャーが楽しめる

第3のおすすめは、施設を利用するとポイントが貯まること。予約時には、リクルートサイトや買い物などで貯まっているリクルートポイントや、Pontaポイントを使うこともできる。ポイントは1ポイント=1円から利用できるので、手持ちのポイントが利用しやすく、お得にレジャーやアクティビティが楽しめる。お得なクーポンが定期的に配布されているので、うまく獲得できればさらにお得だ。

クーポンを見つけたらその場で獲得しておこう。

レジャーやアクティビティの予約をして、現地の宿探しや交通が必要な場合は、レンタカーなども含めて、『じゃらん』のサイトでまとめて予約。ポイントがさらに貯まって、ますますお得に遊ぶことができる。そうやって旅行の計画が出来上がったら、サイト上で「旅の計画」を作成してみるのも面白い。訪れるスポットやホテルなどを登録するだけで、旅程が手軽に作成できる。一緒に行く友だちや家族と「旅の計画」を共有すれば、当日が一段と楽しみになるはずだ。

「旅の計画」を作成、共有できる。

仕事や用事で訪れる場所も地域名で検索してみることで、どんな遊びや体験ができて、どんな特徴のある地域かがわかってくる。面白そうな場所なら、仕事に休暇を紐付けて、バケーションがてらテレワークするのもいいだろう。家族サービスと仕事が両立できて一石二鳥。この春から新生活を始める人なら、これから住む地域の様々なスポットをチェックしてみるのも楽しい。

旅行の予定がない人も、『じゃらん遊び・体験予約』の情報を見ているだけで、行きたい場所ややりたいことが見つかるはず。この先の休暇に思いを馳せながら、早速、チェックしてみよう。

じゃらん遊び・体験予約

文/綿谷禎子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。