人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

処理性能はXbox Oneの4倍!2020年末発売予定の次世代ゲーム機「Xbox Series X」の気になる中身

2020.03.27

2020年末に発売が予定されているマイクロソフトの次世代ゲーム機『Xbox Series X』。その詳細スペックがこのほど、同社より発表された。

パワーとスピードの優れたバランス

前世代機と比較すると、Xbox Series Xは、コンソール機の設計においてパワーとスピードの優れたバランスを達成し、テクノロジのあらゆる局面を進化させている。

また、驚異的で、ダイナミックで、リアルなゲーム世界を提供すると共に、ゲーム体験の邪魔になる要素を最小化した。Team Xboxの任務は、チームが夢を実現するために必要なツールを提供し、コンソールのパワーを効率的に活用できるようにすること。そのような進化の一部をここで紹介する。性能向上は進化の一部に過ぎない。

■次世代のカスタムプロセッサ:

Xbox Series Xは、AMD Zen 2とRDNA 2の最新アーキテクチャに基づき、マイクロソフトがカスタム開発したプロセッサを搭載した最も高性能なコンソールだ。Xbox Oneの4倍の処理性能を提供し、開発者が12テラフロップスのGPU (Graphics Processing Unit) 性能を活用可能にする。

これは、Xbox One Xの2倍、オリジナルの Xbox Oneの8倍以上の数値となる。Xbox Series X 、処理能力とグラフィックの性能において、真の意味での世代交代を実現する。より高いフレームレート、広大で洗練されたゲーム世界、およびコンソール機のゲームとして未だかつて無い没入感のある体験を提供する。

■Variable Rate Shading (VRS):

マイクロソフトの特許取得済 VRSにより、開発者は Xbox Series Xのパワーをより効率的に活用することが可能。画面上の全ピクセルに対して GPU サイクルを同等に消費するのではなく、特定のゲームキャラクターや環境内の重要なオブジェクトに対して優先順位を付けて、個別の効果を適用することができる。

この技術により、最終的な画像の品質に影響を与えること無く、より安定したフレームレートと高い精細度が得られる。

■ハードウェア アクセラレーション DirectX Raytracing:

ハードウェアアクセラレーションを使用したDirectX Raytracingにより、ダイナミックでリアルなゲーム世界が提供される。この機能がコンソール機に採用されたのは初めてのこと。これにより、ゲームの世界で、現実世界そっくりな光源、正確な反射表現、リアルな音響がリアルタイムで得られる。

直ちに得られる没入感

次世代のコンソールでは、少ない待ち時間で、より多くの時間ゲームを楽しむことができる。ゲーム内では、没入感が高くリアルな体験を得るために、多くのゲーム愛好家がきわめて低い遅延を要求する。

この目標のために、開発チームはコントローラーやコンソール、ディスプレイなど、プレイヤーとゲーム間のあらゆるステップを分析し、どうすれば高速化できるかを追求した。

■SSDストレージ:

次世代のSSDにより、ゲームプレイのほぼすべての局面が向上した。ゲーム世界はより広大で、ダイナミックで、瞬時にロードされる。高速ワープはまさに「高速」。

■Quick Resume:

新機能 Quick Resumeにより、複数のゲームを中断箇所からほぼ瞬時に再開できる。ロード画面で待つこと無く、最後にいた場所で最後にしていた行動に戻ることができる。

■Dynamic Latency Input (DLI):

マイクロソフトは、プレイヤーとコンソールとの間の遅延を最適化している。その最初のステップが、広帯域幅の独自無線プロトコルを活用してコンソールと接続する Xbox Wireless Controller。入力と表示内容を瞬時に同期させる新機能 DLI (Dynamic Latency Input) により、ゲームのコントロールが今まで以上に正確で反応性が高いものになった。

■HDMI2.1のイノベーション:

マイクロソフトは、HDMI フォーラムや TVメーカーと協業し、ALLM (Auto Low Latency Mode) や VRR (Variable Refresh Rate) などの機能による最高のゲーム体験を可能にした。

ALLM により、Xbox OneとXbox Series Xは接続されたディスプレイを自動的に最低遅延のモードに設定。VRR はディスプレイのリフレッシュレートとゲームのリフレッシュレートを同期し、同期ズレの無いスムーズなビジュアルを維持する。これらの機能により、遅延が最小化され、きわめて反応性に優れたゲーム体験が提供される。

■120fpsサポート:

120 fpsのサポートにより、Xbox Series X の開発者は、標準的な60fpsの表示を超えたリアリティと高速なアクションを実現可能になる。

次世代のゲーム互換性

新世代のゲーム機が提供する優位性は多岐にわたる。新しいゲームだけでなく、既存のゲーム資産に対しても精細度を高め、ロード時間を向上してくれる。マイクロソフトは、Xbox Series Xにおいても、互換性に対するコミットメントを継続し、世代を越えたゲームの所有を容易にするためのテクノロジに投資していく。

■4世代のゲーミング:

マイクロソフトは互換性の維持にコミットしており、既存のXbox Oneゲームを、Xbox 360やオリジナルの Xboxとの後方互換性が提供されたタイトルも含め、今まで以上に快適にプレイすることができる。

Xbox Game Passのタイトルも含めたお気に入りのゲームを、安定したフレームレート、高速なロード、解像度と精細度の向上によりさらに快適にプレイできる。追加開発作業は不要。また、Xbox One のアクセサリとの互換性も提供される。

■Smart Delivery:

このテクノロジにより、ゲームを一度購入すれば、Xbox Oneであっても、Xbox Series Xであっても、プレイしているXboxに合わせて自動的に適切なバージョンがダウンロードされる。

『Halo Infinite』などのXbox Game Studios の全タイトルでSmart Delivery が提供され、ゲームを一度購入すれば、どのXboxでプレイしていてもそのマシンに最適なバージョンでプレイできる。このテクノロジはすべての開発者が利用可能であり、Xbox Oneで最初にリリースされ、次に Xbox Series X でリリースされるタイトルでも利用することができる。

■Xbox Game Pass:

4世代にわたるコンソール機のゲームに加えて、マイクロソフトのゲームサブスクリプションサービス Xbox Game Passはスタート時点から一人称シューティング『Halo Infinite』などの人気ゲームを提供。数100万人のユーザーが、Xbox Game Passのポートフォリオを体験し、高品質なゲーム ライブラリに没入し、好きな人とプレイして、次の素晴らしい冒険を発見できるようになる。

プレイヤーを中心に置く世代

Xbox Series Xは、マイクロソフトによる今までで最も高速で強力なコンソール機であり、プレイヤーを中心に置くよう設計されている。これは、高精細のゲーム体験がシンプルで大胆なデザインで提供され、4世代にわたる数千本のゲームを容易に、少ない待ち時間でゲームを楽しめることを意味する。

15のXbox Game Studioの素晴らしいクリエイターを支援し、Xbox Game Pass によるゲームの発見を容易にし、Project xCloud でプレイ可能なゲームとその提供場所を拡大するなど、Team Xboxは、プレイヤーが最高レベルのゲーム体験に容易にアクセスできるようにすることにコミットしている。

Xbox Series Xは、今まで以上に素晴らしいゲーム体験に直ちに没入することを求めるプレイヤーに対するコミットメントの継続だ。

出典元:日本マイクロソフト株式会社

https://www.xbox.com/ja-JP/consoles/xbox-series-x

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。