人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

定年後も働きたい?40代後半から50代の会社員に聞く「定年退職後に得たい最低月収」

2020.03.28

現代の日本において、労働力の主体である生産年齢人口(15歳~64歳)の減少は致命的だ。

ほとんどの企業が65歳での定年制を導入し、定年後の雇用継続や高齢者が安定して働ける仕組みづくり等、社会は著しく変化し続けている中で、これから定年を迎える人たちはどのように感じているのか。

定年後に「働きたい理由」と「働きたくない理由」

まず「定年後も働き続けたいですか?」と質問したところ、6割以上の方が「はい」(63.9%)と回答。

上記で「はい」と回答された方に理由を質問したところ、「老後の生活に不安を感じているから」(76.1%)という回答が最も多く、次いで「働くことが好きだから」(9.5%)、「何をしていいかわからないから」(6.9%)、「定年の概念が無いから」(5.5%)と続く。

また、「いいえ」と回答された方に理由を質問したところ、「趣味に力を入れたい」(42.4%)という回答が最も多く、次いで「仕事しかしてこなかったからゆっくりしたい」(37.3%)、「家族サービスをしたい」(10.0%)、「預貯金に余裕があるから働く必要が無い」(4.3%)と続いている。

上記の調査では、多くの方は老後の生活に不安を抱えており、以前金融庁が公表した「老後2,000万円問題」に関する余波も無視できないだろう。

一方で、定年後に働き続けたくないという人の中では「預貯金に余裕があるから働く必要が無い」という人はごく少数となり、定年後にこれまでの収入を得ることができない方は、根本的に金銭的な問題を抱えていることがわかる。

現在の預貯金で老後資金をまかなえますか?」と質問したところ、9割近くが「いいえ」(87.0%)と回答され、老後の収入に不安を抱えている人は多いことがわかる。

では、老後の月収はいくらあれば生活できるのか。

定年後に得たい最低月収を教えてください」と質問したところ、「10万円以上20万円未満」(45.8%)という回答が最も多く、次いで「20万円以上30万円未満」(37.1%)、「30万円以上40万円未満」(11.2%)、「50万円以上 」(4.3%)、「40万円以上50万円未満」(1.6%)と続いた。

働き続けることに対して不安に思っている人も少なくないようだ。

定年後に働くことについての不安を教えてください」と質問したところ、「体力や健康面が不安」(53.9%)という回答が最も多く、次いで「手に職や資格がない」(24.4%)、「モチベーションの維持」(13.1.%)、「最新の技術についていけるか不安」(7.3%)と続いている。

さまざまな不安が挙がったが、老後の生活を豊かなものにするためには、経験を活かした仕事で自分に合った働き方をすることが大事なのかもしれない。

「プレシニア(40代後半~50代)の老後」に関する意識調査
調査期間:2019年11月21日(木)~ 2019年11月22日(金)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,105人
調査対象:40後半~50代で有職者の男女
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。