人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワークに使えそうなスペック感!第10世代インテル6コアCPUを搭載した15.6型ノートPC「dynabook C8」

2020.03.25

Dynabookは、店頭向けノートPCの2020年春モデルとして、15.6型ノートPC「dynabook C8」と10.1型2 in 1デタッチャブルPC「dynabook K1」を順次発売する。

「dynabook C8」は、ハイパフォーマンスを実現する15.6型ノートPC。第10世代の6コアCPU「インテル Core i7-10710U」、PCIe対応の高速・大容量512GB SSD、ディスクキャッシュとして機能するインテル OptaneメモリーH10(ソリッドステート・ストレージ対応)を採用。

さらに、デュアルチャネル対応DDR4-2666(PC4-21300)を採用した高速・大容量16GB(8GB×2)メインメモリを搭載する。

また、CPU内蔵のグラフィックスに加え、専用グラフィックス「NVIDIA GeForce MX250」も搭載し、動画編集やPCゲームなどのグラフィック処理がよりスムーズに行なうことが可能。

ディスプレイは解像度1,920×1,080ドットのSHARP製15.6型IGZO液晶を採用。先進の無線LAN規格「Wi-Fi 6」(IEEE802.11ax)にも対応する。

バッテリー駆動時間は約13.5時間。本体サイズは約361.0(幅)×244.0(奥行)×19.9(高さ)mm、質量は約1.84kg。

発売日は3月下旬。予想実勢価格は約21万円(税別)。カラーはスタイリッシュブルー(P1C8MPBL)とリュクスホワイト(P1C8MPBW)の2色を用意する。

「dynabook K1」は、教育現場の声と文部科学省推奨スペックを反映した、2 in 1デタッチャブルPC。着脱式キーボードを外せば、軽さ約610gのタブレットになり、背面(約500万画素)と前面(約200万画素)のふたつの高画質カメラを生かして、観察記録やオンライン英会話学習などに活用することもできる。

また、着脱式キーボードは、キーピッチ17mm、キーストローク1.2mmでしっかりした打鍵感を確保。もちろん、マルチタッチ対応で、オプションの「アクティブ静電ペン」によるペン入力も可能。さらに、ワイヤレス接続の専用マウスを付属しているので、マウスの使い方も習得することができる。

そのほか、子どもが使う上でのさまざまなトラブルを想定し、軽量ボディでありながら、高い堅牢性を実現。

「Microsoft Office Home & Business 2019」をプリインストールしているのも嬉しいポイントだ。

CPUはインテル Celeron プロセッサー N4020、メインメモリは4GB、ストレージは128GB。バッテリー駆動時間は約16.0時間。キーボード接続時の本体サイズは約249.0(幅)×186.7(奥行)×18.7(高さ)mm、質量は約1.18kg。

発売日は3月13日。実勢価格は約7万円(税別)。カラーはゴールド(P1K1PPTG)1色で展開する。

関連情報
https://dynabook.com/index.html

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。