人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneの5Gモデル発売は?乗り換えるなら?5Gネットワークの普及と端末乗り換えのタイミング

2020.05.06

5Gへの移行に伴うMVNOと行政の在り方

【石川 温】5Gスマホの買い時「『iPhone』が出る(!?)秋まで待つのも手」

5Gスマホは4Gのハイスペック機種よりもいい仕上がり。今すぐ買ってもいい。『iPhone』ユーザーは9月まで待てばいい。ミドルクラスの5G端末が一般化する来年夏でもいいかも。

石川 温

房野 MVNOが5Gサービスを提供できるのはいつ頃でしょう?

石野 MVNOに対する料金や接続方法の情報が明らかになっていないらしく……導入までに半年以上はかかると思います。

石川 ビジネスモデル的に、5GとMVNOの相性は微妙。今の接続料の仕組みだと、MVNOが使い放題を提供するのは、かなり難しいはず。ルール変更が必要な時期にきていると思いますが。

法林 「たくさん使うから安くしてよ」ということができない。それが可能な仕組みに変わると、おもしろくなるとは思うけど。総務省は接続料をコントロールしたいと思っているから厳しいかな。

石川 MVNO側からは、VMNO(仮想通信事業者)という考え方が出ています。5Gの基幹網を別会社が持つことで、MNOと同じような機能を提供できるようになるという世界観です。例えば、必要な機能はユーザーがブラウザー上でクリックするだけで提供できるようになります。

石野 5Gには「ネットワークスライシング」という機能もあります。基幹網をバーチャルで〝切って〟同じ基地局から出ている電波を、目的別に制御できるようになるのです。そのうちのひとつをMVNO用に使うことができるかもしれない。ルールがないので「可能性がある」というだけですが。

房野 それができるようになるとしたら、いつ頃ですか?

石野 NSAではできないので、SA化する2022年以降かも。

石川 そうなると、2022年頃に向けて、ルールや仕組みを作らないといけないのですが……。

法林 米国のように、通信専門の機関が大胆にルールを決めていくような体制を構築しないと、ルール作りはなかなか進まないでしょうね。5Gを様々な業界で活用しようとするなら、複数の省庁間で調整が必要になる。5Gを一気通貫でコントロールできる、法律や機関が必要です。

石野 〝5G省〟とか〝5G法〟を新設して、各機関に対して横断的に適用できるようにしないと。

房野 自動運転も法律が変わらないと実現は難しいかもしれない?

石川 自動運転については世間の誤解があって、5Gだから自動運転ができるわけではありません。

法林 クルマに積まれるセンサーやレーダーによって、自律的に判断して走行させる仕組みのことであり、5Gはそれを効率よく運用する手段にすぎない。法律をはじめ、これから決めなければならないことが多く、5Gを使った高度な自動運転の実現は、想定の2025年より先の話になりそう。5Gで社会が一変すると報じられがちですが、だからといって加速度的に物事が変わることを期待しすぎないほうがいいでしょう。

「NSA」と「SA」

5Gは、基幹網に4Gのシステムを利用するハイブリッドの「NSA」と、5Gのシステムだけで成り立つ「SA」の2つの状態がある。5G開始当初はNSA。低遅延、多端末接続も可能になるSAが〝真の5G〟とされる。

【法林岳之】5Gスマホの買い時「月額割引が終了する時に検討を」

旧プランの人は毎月の割引が終わったタイミングが第1検討時期。欲しい時が買い時だが、5Gスマホでないとできないサービスがまだまだ少ないので、無理に替える必要はない。

法林岳之

ネットワークスライシング

SAの5Gになると「ネットワークスライシング」という技術の利用が可能になる。基幹網をバーチャルにスライスし、ひとつはIoT用、ひとつは高速大容量通信用というように用途別にネットワークを提供できるようになる。

取材・文/房野麻子 撮影/園田昭彦 図版/平沢 剛

出典:IDC、総務省

※記事内容は3月5日時点のものです。変更の可能性があります。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。