人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

BTOパソコンって知ってる?コスパやカスタマイズのポイントまで徹底解説

2020.03.25

「パソコン」といっても、デスクトップパソコンやノートパソコン、タブレットとパソコンの両方の使い方ができる2in1タブレットなど、現在その種類は豊富に存在する。今回は、そんなパソコンの中から「BTOパソコン」と呼ばれる種類のパソコンについて解説していこう。

BTOパソコンって何?

まずは、そもそもBTOパソコンとは一体何かを説明していこう。

BTOパソコンとは

BTOパソコンの「BTO」とは、「Build To Order」の頭文字をとった略称で、受注生産を意味する。最近では、完全受注生産というわけではなく、ある程度のベースが存在する機体に購入前に様々なカスタマイズができるものが一般的だ。

BTOパソコンの特徴

メーカーから販売されている多くのパソコンは、同じスペックの製品を大量生産しており、購入後にカスタマイズするのは難しい。それに比べてBTOパソコンは、メーカーが注文を受けてから製品を生産するため、市販の完成品パソコンと比べて、プロセッサーやメモリ、ハードディスクやSSD、グラフィックスなどを個人の要望に合わせてカスタマイズできる。

0からカスタマイズするというよりは、初心者向けにある程度基本の構成が決まっている上に独自のカスタマイズをのせられる形が多く、基本性能で気に入ればそのまま購入、理想から少しずれていればその部分をカスタマイズして理想に近づけるというイメージが近いだろう。

 BTOパソコンの品質に問題はないの?

自分でパーツを選びカスタマイズすると聞くと、品質に問題が生じないのか不安に思う人もいるだろう。しかし近年は、パーツそのもののクオリティが高くなり、不具合が生じるのはごく稀。BTOパソコンだから品質が落ちるという心配はほとんどないといえるだろう。

だが、BTOメーカーが採用するパーツの特性を理解せずに購入してしまうと思わぬ失敗がある場合もある。特に多いのがグラフィックボードの特性についてで、内排気モデルと外排気モデルの違いを理解せずに「ファンがうるさくダメなメーカー、パソコン」と勘違いしてしまう場合もあるので、自分が選択するパーツの特性については良く調べてから購入しよう。

BTOパソコンの肝心なコスパはどう?

せっかく自分好みにカスタマイズできるといっても、価格が割高になってしまうのであれば購入者は少ないだろう。BTOパソコンのカスタマイズに使われるパーツは、低価格で構成できるものが多く、自作で0からパソコンを組み立てるよりも安く済む場合が多い。もちろん、中古品やジャンク品を使って格安で組み立てる人と比べれば高くなるが、それだけの技術や知識はないという人にはコスパのいいパソコンといえるだろう。

BTOパソコンのおすすめカスタマイズを紹介!

では、BTOパソコンはどのようなカスタマイズをすればいいのかを解説していこう。もちろん、それぞれの用途や使用環境によって必要なカスタマイズは変わってくるので、自分のパソコンの使い方と照らし合わせながら確認していくといいだろう。

BTOパソコンのおすすめカスタマイズ:SSDドライブが人気!

データを保存するための内蔵ストレージには、消費電力が少なく、処理速度が速いSSDドライブがおすすめ。しかし、HDDドライブと比べると容量は少なくなる傾向があるので、1台のパソコンで大量のデータを保存したい場合はSSD+HDDの構成に変更し、起動をSSD、データ保存をHDDにといったカスタマイズも可能だ。

BTOパソコンのおすすめカスタマイズ:大容量メモリも欠かせない!?

パソコンのメモリは、机に例えられる。机が広ければ広いほど色々なものを置けるように、メモリ容量が大きければ、重いソフトウェアや複数の作業をこなるようになる。また、メモリが少なくて困る場合は多くても、大きくて困る場合はないので、金銭的に余裕があれば大容量メモリを搭載しておこう。

BTOパソコンのおすすめカスタマイズ:意外と大事な電源ユニットとは!

電源ユニットは、高品質のものを選ぶと、負荷率や排熱が少ないなどの理由で故障しにくくなる。また、高いものであれば保証が長めである場合も多いため、長く同じパソコンを利用したいという人には必要なカスタマイズだろう。

BTOパソコンは初心者には向かない?

パソコンを独自にカスタマイズすると聞くと、初心者には難しいのではないかと身構えてしまう人も多いだろう。実際、BTOパソコンはパソコンに詳しくなければいけないのだろうか。

BTOパソコンって難しい?

前述した通り、BTOパソコンの多くはベースとなる性能に、自分の好みのパーツを足していくスタイル。0からすべてを選ぶわけではないので、難しさはそこまで感じないはずだ。また、サイトによっては自分の用途を記載すればおすすめのカスタマイズを紹介してくれる場合もあるので、不安な人はそういったサイトを探してみるといいだろう。

カスタマイズ構成を選べる自信がない……

初心者でも気軽に購入可能なBTOパソコンだが、ある程度のパソコンに関する知識が必要なのもまた事実。カスタマイズ構成を選ぶ自信がないという人は、1度完成品のパソコンを購入し、自分の用途と照らし合わせてほしい性能をチェックしておくといいかもしれない。

※データは2020年3月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。