人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【はたらきガール】漆塗り職人・今瀬風韻さん「目標は一人前になること。常に求められる職人になりたい」

2020.03.25

今瀬風韻さん

輪島キリモト
今瀬風韻さん

1995年生まれ、愛知県出身。高校卒業後、輪島漆芸技術研修所を経て、2017年に創業2世紀を数える輪島キリモトへ入社。現在は輪島塗の特徴のひとつ〝丈夫さ〟の要となる、下地塗りの工程を担当している。

文化の灯を消さないために漆を塗り続けていきたい

 専用のヘラを使って、重箱の表面に漆を混ぜた下地材を薄くのばす。何度も塗り重ねることで、輪島塗ならではの耐久性が生まれる。

「熟練した職人の手仕事は、機械のよう。漆を常に同じ厚さで塗ることができるんです。憧れますね」

 弟子入り1年目は板皿などの平面。2年目は重箱、3年目になると椀物。漆を塗る対象を変えながら、漆塗り職人としての腕を磨く。

「下地だけではなく、上塗りや木工を含めて、輪島塗のすべてを習得したい」と今瀬さんは話す。「高齢化で引退する職人は増えています。そう遠くないうちに輪島塗の文化は消滅するかもしれない。そうならないように、仲間と漆の未来について話し合っています」

〈3つのQuestion〉

Q1. 仕事が楽しいと感じる瞬間は?

お客様から製品の感想をいただいた時。4年間修業して一人前になれたら、販売を経験して職人の仕事に生かしたいです。

Q2. 休日のリフレッシュ方法は?

芸術祭を目当てに旅行したり、個人のギャラリーを巡ったり。休日に出社して、作品作りをするのも楽しみのひとつです。

Q3. 今後の目標は?

まずは一人前になること。昔の文献に学び、自分なりの新しい形や塗り方を見つけて、常に求められる職人になりたい。

漆塗り

取材・文/佐藤太志

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。