人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホットな話題が目白押し!eスポーツの聖地へと進化する大阪

2020.05.03

「e-sports hotel e-Zone ~電脳空間~」

 eスポーツ(エレクトロニックスポーツ)の市場規模が今、急拡大している。2019年度は世界全体で1000億円を突破。2年後には約1553億円(Newzoo調べ)に成長・拡大することが見込まれている。日本でも注目度は右肩上がり。小社のWebサイト「コロコロオンライン」の〝なりたい職業〟アンケートではプロゲーマーがYouTuberに続いて2位にランクインした。

 人気をさらに過熱させるイベントも目白押し。そのひとつが、タイトー主催の「闘神祭2020 -World Championship of ARCADE-」。『ストリートファイターV』などのメジャータイトルで参加者が競い合う大会で、今年1月から予選が始まったばかりだ。

 そんな日本のeスポーツシーンで、今最も注目されている街が大阪だ。先陣を切った大阪eスポーツ研究会は、創業100年の歴史があるスポーツ用品販売店のスポーツタカハシを中心に昨年発足された。「街が一体となって大阪のeスポーツを盛り上げ、関西をいわゆる〝ゲーム界の聖地〟にするのが目標。そのことで大阪の街を元気にしていきたい」と、同店の大川慎一さんは意気込む。

 大阪のeスポーツを盛り上げる施設も続々とオープン。今年3月には日本最大のゲーム/eスポーツ専用施設「REDEE WORLD」(レディーワールド)が開業した(※新型コロナウィルスの影響で「REDEE WORLD」は現在休館中)。また、新型コロナの影響で4月の開業が延期されたが、国内初の〝eスポーツ特化型ホテル〟「e-sports hotel e-Zone ~電脳空間~」も登場。プロゲーマー育成の場として「大阪アニメ・声優&eスポーツ専門学校」も開校した。新型コロナの影響が出ているが、終息したら、大阪にeスポーツの一大旋風が巻き起りそうだ。

HOTEL

HOTEL

24時間ぶっ通しの熱闘が体験できる!

「e-sports hotel e-Zone ~電脳空間~」

「e-sports hotel e-Zone ~電脳空間~」

〝泊まれるeスポーツ施設〟をコンセプトにした、国内初のeスポーツ特化型ホテル。全9フロアあり、1~3Fはゲーミングフロア、4~8Fはベッド数94の宿泊フロア、B1Fにはシャワーフロアを常設する。最大71席の高性能PCブースや、実況配信用の設備も完備。寝ても覚めてもゲーム漬けの時間を過ごせる。

「e-sports hotel e-Zone ~電脳空間~」

「e-sports hotel e-Zone ~電脳空間~」

近鉄大阪線の日本橋駅から徒歩約10分、地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩約10分の好立地。

[住所]大阪府大阪市浪速区日本橋4-9(以下、未定)
[営業時間]24時間 4月オープン予定

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。