人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インドアスポーツのアスリートも不足しがち!ビタミンDを豊富に含む食品7選

2020.03.21

 バスケットボールなどのインドアスポーツのアスリートに盲点とも言える健康リスクが浮上している。それはビタミンDの欠乏だ。

インドアスポーツ選手にビタミンD欠乏リスク

 健康に欠かせないビタミン類だが、中でもビタミンDは骨の健康にとって必須のビタミンだ。特に“カラダが資本”のアスリートにとって重要性はさらに増す。

 ビタミンDは食品やサプリから補給できるのはもちろん、日光を浴びることで体内で合成できるというユニークな特性を備えている。したがって屋内にいる時間が長い者は意識的に外に出るようにしたり、食事やサプリから補給することを心がけなければ気がつかないうちにビタミンDが欠乏してしまう。

 これはアスリートも例外ではなく、バスケットボールなどのインドアスポーツの選手もまた意識的にビタミンDを摂取しないことには、この重要な栄養素が欠乏することが最新の研究で報告されている。

MedicalXpress」より

 米・ジョージメイソン大学とメイヨー・クリニックの合同研究チームが2020年1月に「Nutrients」で発表した研究では、同大学のバスケットボール選手を含む学生の健康データを1年間追跡し、ビタミンDのレベルを経過観察している。

 実験参加者は3グループに分けられ、Aグループは1日に2粒のビタミンDサプリメント(1000IU相当)、Bグループは1日に1粒(500IU相当)、Cグループはサプリを摂取しない、という条件で2018年から2019年にかけてのバスケットボールシーズンを過ごした。

 実験の開始時において、参加者の65%がビタミンD不足の状態にあったのだが、やはり1日にサプリを2粒摂取した者はビタミンDのレベルが大きく改善したことが確かめられた。しかしながら1日に1粒ではあまり改善効果は見られなかったということだ。

 そして興味深いことに、アフリカ系アメリカ人学生などの肌の色が濃い者のほうがビタミンD欠乏に陥りやすい傾向も明らかになった。ご存知のようにバスケットボールは黒人選手が多いことから、ほかのインドアスポーツよりもビタミンDの補給に留意しなければならないということかもしれない。そしてアスリートでなくとも屋内で過ごす時間が長い者は日ごろからビタミンDの摂取を意識すべきなのだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。