人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

推理アドベンチャー好きにおすすめ!マスを塗りつぶして手がかりを入手するNintendo Switchの日英合作推理ゲーム「パズル探偵スカウト」

2020.03.18

イギリスでインディーゲームを中心としたゲームパブリッシング事業を展開するThe Irregular Corporationの日本法人イレギュラー・コーポレーションは、初のアジア圏進出となる日本展開を開始。

日英合作ゲームのタイトルとしてNintendo Switch版推理アドベンチャー「パズル探偵スカウト」を発売した。

近年、海外ではゲーム開発者が大手ゲーム会社に所属してゲームを作るだけでなく、独立した個人や数名のデベロッパーが作ったインディーゲームのムーブメントが広がっている。

一方で、日本では小規模デベロッパーへの支援体制があまり整っておらず、金銭面や人材確保の問題から大手企業に属さずに小規模デベロッパーがゲームを作っていくことが難しく、インディーゲーム市場の土壌づくりが必要とされている。

The Irregular Corporationは、イギリスにて培ったインディーゲームを中心としたパブッシングの経験を活かし、日本におけるインディーゲーム市場の拡大に向けて小規模デベロッパーを支援するべく、日本展開を開始。

その日本法人であるイレギュラー・コーポレーションは、日本展開初タイトルとして、Nintendo Switch版推理アドベンチャー「パズル探偵スカウト」を発売した。

2020年3月5日(木)に世界同時発売された本タイトルの日本国内版は、完全日本語対応となる。

「パズル探偵スカウト」は、ビットマップパズルと推理アドベンチャーを掛け合わせた、今までにない新感覚のゲーム。

※ビットマップパズル:画面の上と左にある数字を手がかりにゲームフィールド上のマスを塗りつぶすゲーム。

主人公の女性Honor(ホナー)と記憶を失ったロボットS.C.O.U.T.(スカウト)とともに、ビットマップパズルを解き、事件解決への手がかりを手に入れながら怪死事件を解決し、S.C.O.U.T.の失われた記憶の真相に迫る物語となっている。

個性豊かなキャラクターによって紡がれる、第1章から第4章に渡る読み応えのあるストーリーのほか、舞台となっている1996年のロサンゼルスの魅力が散りばめられた世界観を体験できる作品だ。

また、日英合作タイトルとして、イギリスのEd Fearがディレクターとして指揮を執る元で、日本からゲームミュージックを杉森雅和氏、キャラクターデザインを玻都もあ氏が作成し、物語を勢いづかせる演出がふんだんに盛り込まれている。

本格的な推理ゲームをプレイしたい人も、普段とは一味違うビットマップパズルをプレイしたい人も楽しめる内容となっている。

【日本語版トレーラー動画】

https://youtu.be/8Nb69AmipXI

関連情報:https://theirregularcorporation.com/game/puzzle-tantei-scout/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。