人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

グローバルな力を身に付けるための海外留学は「高校生」から行くべき理由

2020.03.20

「英語」に苦手意識を持つビジネスパーソンは少なくない。しかし現代は、英語の公用語化が進んでいる国内の企業が増え、アジアをはじめ海外進出している企業も多く見られる。

グローバル化する社会で活躍するためには、学生の間やそれ以前の時期にどんな経験が必要なのだろうか。

海外留学するなら○○時代から?

今回、ディーサイド留学情報センターは上場企業(従業員規模1,000人以上の一般含む)人事担当者1000人に「グローバル力を身に付ける為に有効な留学は、いつからするといいと思いますか?」と質問したところ、『高校生(30.2%)』という回答が最も多く、次いで『中学生(25.1%)』『小学生以下(15.8%)』『社会人からでも(15.0%)』と続いた。

グローバル人材を求める企業の方は、できるだけ早い段階で海外に慣れてほしいということも考えもあり、若いうちから留学に挑戦するべきだと考えているようだ。

次に、「留学で何を一番習得してほしいですか?」と質問したところ、『コミュニケーション(49.7%)』という回答が最も多く、次いで『英語などの語学力(32.2%)』『海外への抵抗感をなくす(8.9%)』『世界中の仲間(8.4%)』と続いた。

海外進出する企業や外国人人材の採用が増えたことで、留学でコミュニケーション力や語学力を特に身につけてほしいと思う人事が多いようだ。

また、「どの程度の語学力を求めますか?」と聞いたところ、『ビジネスで使える(51.0%)』という回答が最も多く、次いで『日常会話ができればOK(28.1%)』『ネイティブ(15.8%)』と続いている。

人事担当者からすると、留学に行くのなら日常会話だけの語学力ではなく、ビジネスシーンで使える語学力を身に着けてほしいようだ。

調査概要:若者の可能性に期待することに関してのアンケート
調査期間:2019年11月14日(木)〜2019年11月18日(月)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,054人
調査対象:上場企業(従業員規模1,000人以上の一般含む)人事担当者
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。