人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

立てて保存したほうがいいって知ってた?保存食として使える大根の魅力と簡単レシピ

2020.03.27

野菜は生ものであるため、保存方法次第ですぐ食べられない状態になってしまう。しかし、正しく冷凍・冷蔵保管すれば日持ちも期待できるだろう。そこで今回は大根の正しい保存方法をご紹介。さらにおすすめの調理方法も紹介するのでお楽しみに!

大根の保存方法の基本

まずは大根の保存方法の基本情報を紹介していこう。

保存方法と保存期間

大根は常温での保存に適していない。冷蔵庫での保存で約2週間、カットしたりおろしたりして冷凍庫で保存すると約1か月の保存が可能だ。

大根は立てて保存しよう

大根を保存する場合は、立てて保存するのが基本だ。縦に伸びる野菜は、土の中では横の状態から縦になろうとエネルギーを消費する。そのため横にして保存すると、上に立ち上がろうとして無駄に水分や糖分を浪費してしまい、結果しおれてしまうのが早くなる。立てて保存するには、空いた牛乳パックやペットボトルを2つに切ったものを利用すると便利だ。

大根の最適な保存温度・湿度は?

大根は冬に多く出荷される野菜なので、最適な保存温度は0度から5度あたりといわれているため、冷蔵庫の冷蔵室での保存であれば問題ないだろう。最適な湿度は90%から95%と高めなので、乾燥しないように注意して保存する必要がある。

冷凍の場合は葉と根を分ける

大根は白い根の部分と葉の部分に大きく分かれる。大根の根に葉っぱがついたままで保存をすると、根の栄養分を葉っぱがどんどん吸収してしまうので、干からびれるのも早くなる。買ってきたらまずは葉の根もとギリギリから切り離すといいだろう。

白い根の部分は、水分の流出を防ぐために新聞紙に包んで保存するといいだろう。この方法で保存すれば大体2週間ほどは持つといわれている。

一方の葉の部分は、生のままでは保存には向かないので、鍋に水を入れて塩を水1リットルあたり小さじ1ほど加えて沸騰させ茹で、その後水に取り出してから搾り水気を取る。これを保存袋に入れて冷凍保存すれば、1か月ほど保存できるだろう。

大根はカットして冷凍するのもOK

大根は、いちょう切りや短冊切りにしたり、おろしてから冷凍保存してもいいだろう。その際は、切った後に固めに茹で、水切りをしてから冷凍すると日持ちするのでおすすめだ。また、1度に使う分で袋へ小分けにすると、扱いやすくおすすめだ。

大根の冷凍保存にはコツがある!

大根を冷凍保存する際には、水気が残らないようにしっかりと拭くといい。また、保存袋に日にちを記入しておけば、どれくらい前に保存したものか確認しやすいのでおすすめだ。

冷凍保存した大根の調理方法を紹介

では、冷凍保存していた大根のおすすめの調理方法を紹介していこう。

大根と豚肉の炒め物

まずは大根と豚肉の炒め物。ここではいちょう切りした大根を使用するといいだろう。また、大根は解凍せずに、冷凍のまま調理しても問題ない。

材料(4人分)
大根のいちょう切り300g
豚薄切り肉150g
塩コショウ少々
ごま油大さじ1と1/2
ニンニク4分の1片
醤油大さじ1と1/2
白すりごま大さじ1
一味唐辛子少々

豚肉を2㎝幅に切り分けてから塩コショウを振り混ぜる。にんにくはみじん切りにしておくといいだろう。次にフライパンにごま油をひき、熱してから豚肉を炒める。

豚肉の色が変わってきたら、にんにくのみじん切りを加え、香りを出す。さらに大根を加えて炒め、しんなりしてきたら醤油と白すりごま、一味唐辛子を加えて、汁気がなくなるまで炒めれば完成。

大根とツナのサラダ

短冊切りして冷凍した大根を使ったレシピとしておすすめなのが、大根とツナのサラダだ。

材料(2人分)
大根の短冊切り200g
ツナ缶1缶
マヨネーズ大さじ3
塩コショウ適量

工程は簡単。解凍した大根の汁気を取り、ツナ缶も汁気を切る。ボールに大根、ツナ、マヨネーズ、塩コショウを加えて混ぜるだけで、美味しいサラダが完成する。

大根ときのこのみぞれ煮

解凍した大根おろしを使ったレシピとして、大根ときのこのみぞれ煮を紹介していこう。

材料(2人分)
大根おろし250g
油揚げ3枚(正方形タイプ)
えのきだけ50g
だし汁200ml
みりん大さじ1/2
砂糖大さじ1/2
醤油大さじ1
万能ねぎの小口切り適量

油揚げの裏表にそれぞれ2回ずつ熱湯を振りかけて油抜きし、冷めたら水気を絞って短冊切りにする。えのきだけはいしづきをカットしてから4㎝ほどの長さに切り分けよう。

鍋にだし汁、みりん、砂糖、しょうゆを入れてからひと煮立ちさせ、油揚げとえのきだけを加えて弱火にし、落し蓋をして10分ほど煮込む。途中で何度か油揚げを上下裏返すと、味が均等にしみ込むのでおすすめだ。

最後に大根おろしを加えてさっと煮込んだら器に盛り、万能ねぎを振りかけて完成。

※データは2020年3月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。