人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

飲んで、踊って、料理はノンジャンル!全く新しい演出で笑いの絶えない「沖縄式ウェディング」

2020.03.17

沖縄に住む友人の結婚式に出席しました。「いわゆる沖縄っぽいものじゃなくて、一般的な式だけど」と友人に聞いていましたが、参加してビックリ。素敵なリゾートホテルなのに、なんだか自由で愛があふれていて感動しました。沖縄県外のカップルにも人気の「沖縄スタイル結婚式」についてお伝えいたします。

会費制で祝儀込みが一般的で参加者は数百人

会場は、那覇空港から車で約7分の「ロワジールホテル 那覇」。海辺の素敵なリゾートホテルです。会費10,000円でを払い、それ以外に祝儀を渡す必要はありませんでした。厳密にいうと、「大多数は10,000円をご祝儀として出す。決して会費制というわけではないが、それ以上に祝儀を出すことはない。金額は、友人、親族などの関係性により上下する」ということだそうです。

会場に入ると、すでに参加者は自由に飲んだり歓談したりと和やかな雰囲気。広大な会場にステージを設け、たくさんのテーブルが用意されていました。出席者はおそらく数百人はいそうです。

会場は広く開放的な雰囲気(提供:ロワジールホテル 那覇)

参加者が多く、筆者の席はステージから遠かったので、ステージ上の新郎新婦(筆者の知人は新婦側)をライブカメラで見るんです。これもなかなか斬新でした。参加者が多いのは、親戚、小学校、中学校、高校、職場など、多様なグループが参加するから。つながりを大事にする沖縄らしい点だなと思いました。

感動のフィナーレ「人間トンネル」と長い余興!?

式は、『かぎやで風(ふう)』という古典舞踊ではじまるのが習わし。鮮やかな琉球衣装をまとった演者が踊りを見せてくれました。こんな優雅な踊りではじまった会は、全員総立ち&カチャーシーという独特の手踊りで締めとなります。指笛ではやしたてる人も登場し、会場がドッと沸いたところで、数十人がドドッとステージ上へ。

さらに激しく踊ってから、突然の新郎胴上げ! フィナーレは、参加者全員で腕で「人間トンネル」を作り、新郎新婦がくぐって出口までお見送りです。主役の新郎新婦だけでなく両家の父母も見送るのがおもしろいところ。一度見送っても、会場は広く出口が遠いので2回ぐらいトンネルをやりました。

式の最中は、さまざまなグループが余興を行います。民謡や踊り、メッセージ動画などが披露され、まるで文化祭のように活気があり、賑やかでした。

大皿料理と踊りで飲み会のようなノリ

料理やお酒もユニークで、まず、お酒。もちろん、沖縄のお酒・泡盛も含まれます。長い式の間飲み続けても酔わない沖縄の人は、やっぱり強いです。料理は、沖縄料理、西洋料理、和食などがジャンルレスで登場しました。大皿料理が中華料理店のような回転台に置かれ、グルグル回しながらそれぞれで好きな量を取り分けるのもなかなか楽しい。

料理はプランによりさまざまだがチャーハンは定番!(提供:ロワジールホテル 那覇)

料理はどれもいい味でしたが、印象に残ったのはチャーハン。参加中は特別な感慨もなく、おいしいチャーハンだなと思っていただいたのですが、あとで聞くとこれも沖縄だけの風習らしいのです。チャーハンは老若男女に好まれるし、お酒のつまみにもなりますもんね。

沖縄スタイル結婚式を楽しむキーワード集

沖縄での結婚式やリゾートウェディングに憧れるカップル、沖縄カルチャーが好きな方のために、おもしろ小ネタを集めました。

リゾート感あふれる小物が随所に(提供:ロワジールホテル 那覇)

【エイサー】
沖縄の勇ましい踊り。盆踊りのようなものですが、伝統芸能として受け継がれています。プロの踊り手を呼んで余興として披露することもあるそうです。数万円程度とのこと(踊り手の人数により増減する)。

【参加者多すぎ】
沖縄の結婚式では、200~300名が参加するのが一般的。

【司会】
沖縄の結婚式では、ローカルタレントに司会を依頼する例が多いという話。「川満しぇんしぇー」という愛称で親しまれる川満聡(かわみつさとし)さんという有名司会者も。

【卓盛り】
大皿に盛られた料理を、中華料理店のような回転台に乗せてみんなで取り分けるスタイルがおなじみです。最近では、1人分ずつをコース形式で提供するのも好まれるそうです。

【指笛】
笛の代わりに指をくわえて音を鳴らす指笛。結婚式やお祭りなどのめでたい席で鳴らします。女性でできる人もいますが、男性のほうが得意な人が多い印象(肺活量の違いから?)。

【余興】
沖縄の結婚式でも余興が盛んですが、沖縄と文化的によく似た奄美大島でも余興は盛ん。沖縄、奄美大島とも余興のおもしろさを競う大会が行われているほど!

◆取材協力
ロワジールホテル 那覇 https://www.loisir-naha.com/

取材・文/木村悦子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。