人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アドビの担当者が解説!iPad版のAdobe Photoshopはデスクトップ版同様に作業ができてタッチやペン操作にも対応

2020.03.24

『iPad』版Photoshop

 新OSの採用で、よりPCライクが使い方ができるようになった『iPad』。中でも高性能なチップセットを搭載する『iPad Pro』はビジネスマンだけでなく、プロのクリエイターにも場所を問わず仕事ができる環境を提供するものだ。クリエイター向けに数多くのソフトウェアを提供するAdobeも、近年は『iPad』への対応を強化。昨年秋からフォトレタッチソフト『Adobe Phothoshop』のiPad版を提供しているほか、今年は『Adobe Illustrator』の『iPad』版もリリース予定だ。デスクトップ版と『iPad』版の違いや今後の取り組みについて、米Adobeの担当者に聞いた。

「『iPad』版のPhotoshopをリリースしたのは、デスクトップから離れても作業がしたいという、クリエイターのニーズに応えたかったから。デスクトップ版と同じアーキテクチャーを採用し、クラウドで同じPSD形式のファイルが共有できるようにしています。ショートカットもデスクトップ版と同じにするなど、既存のユーザーが違和感なく操作できる一方で、タッチやペン操作に最適化するなど、『iPad』版ならではの工夫もたくさん取り入れています。

 Photoshopは今年30周年を迎えますが、積み上げてきたものをそっくり移行するのではなく、新たに基盤を作り直すつもりで開発しています。今後のアップデートでさらに、デスクトップ版と同様のパワフルなアプリケーションになっていくので、ぜひ楽しみにしていてください」

ジェニー・ライエルさん

Adobe Photoshop iPad版
シニアプロダクトマネージャー
ジェニー・ライエルさん

『iPad』版Photoshop

写真のレタッチからレイヤーを使った合成まで、『Apple Pencil』を使用して、本格的なグラフィック制作が可能。「Adobe Creative Cloud」ユーザーは無料で利用できる。

取材・文/太田百合子 撮影/羽田 洋

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。