人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AIに仕事を奪われる?会社員の4割が「仕事がラクになる」と楽観視

2020.03.15

仕事を奪う?「AI」に対するビジネスパーソンの考え

車の自動運転、コンビニの無人化など、近年多くの企業が「AI」を活用し始めている。ここで一つ気がかりなのが「AIが仕事を奪い、職に就けない人が増加する」ということ。

2014年にオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授は、今後10年で既存の仕事を70%がなくなるという論文を発表している。論文では、テレマーケター、データ入力係、銀行窓口係などの職業がなくなるという。

そこでベースメントアップスは、社会人に「AIの普及についてどのように考えますか?」のアンケート調査を実施した。まずは調査結果を見てみよう。

仕事を奪われてしまうと回答した人は、全体の24%。上述したとおり、AIによって失業者が増える可能性がある。しかし、一方で過去の産業革命を歴史を振り返ると、産業革命で失業者は生まれたものの、それ以上に新しい雇用が生まれた事実もある。

また、仕事が楽になると回答した人は、37%。現在、人が行っているデータ入力などの単純業務は自動化され、肉体労働はAIを活かしたロボットによって自動化される。その結果、人の仕事は楽になり、自由に使える時間は今よりも増えると考えられる。

スマートフォンの普及によって我々の生活が一変したように、AIの普及によってありとあらゆるものが変わると言われている。今後はさらに加速度的に、AI関連の商品やサービスが誕生し、生活の中で普通に利用されていくのではないだろうか。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。