人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SteamVRを開発したValveが開発した究極のVRハードウェア「VALVE INDEX」

2020.03.14

環境、物体、そして人々との新しい関わり方を実現! 世界で最も利用されているVRプラットフォーム「SteamVR」を展開するValve社が開発したVRハードウェア 『VALVE INDEX』があれば、現実世界と遜色のない究極のVR体験を味わうことができる。

今回はヘッドセット+コントローラ(左手用+右手用)セット、ヘッドセット単体、コントローラ(左手用+右手用)のラインアップを紹介しよう。

最新鋭のVRハードウェア 「VALVE INDEX」

ヘッドセット

細部までより明瞭かつ快適に表示するために用意された、1440×1600 デュアルRGB LCDパネルにより、OLEDパネルよりも50%多くのサブピクセル表示を可能。フィルファクターもOLEDの3倍優れており、スクリーンドア効果を大幅に低減している。120Hzで動作する VALVE INDEX ヘッドセットは、90Hz動作への後方互換性があり、試験的な144Hzモードも搭載。

ヘッドフォン

VALVE INDEX に搭載されているスピーカーは耳に接触しないまま音響がフリーに流動するオフイヤースタイルを採用。頭と耳の形状にとらわれず、バーチャルサウンドの音源が頭の中からでなく、日常的な音声のように、自然なヒアリング環境で感じ取れるようになる。物理的な接触がないため、使用中の圧迫感や物理的な痛みから開放される。

コントローラ

現実世界と同じように、環境、物体、そして人々との新しい関わりかたを実現させることができる、新しいセンサー入力によるコントローラは、87個のセンサーを使用して、手の位置、指の位置、動き、圧力を追跡。指の動きを緻密に捉えた自由な動きを反映させる。VALVE INDEX コントローラでは、従来のコントローラを握るスタイルではなく、ハンドストラップを用いて固定する方式を取っている。

センサー(ベースステーション)

現在世界で最も使用され、VR業界を牽引するプラットフォーム「SteamVR™」を提供するValve社が開発したベースステーションは、VRで必要となる追跡技術を更に改善。ヘッドセットとコントローラを追跡するための固定レーザーは1秒間に100回掃引され、どのような姿勢でも的確に捉えることが可能だ。新しいシングルローターの設計により、前世代として比較して400%広いプレイスペースを捉えることが可能となり、より広い設置角度設定とより広いプレイエリアを捉えることができるようになった。

関連情報/https://degicafan.com/
構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。