人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ママの6割以上が経験する「産後クライシス」、夫への愛情が冷めてしまうのはなぜ?

2020.03.11

育休って毎日休みでパラダイスだね」こんな発言をしている人は要注意。

今、出産後に夫婦仲が悪化する「産後クライシス」に陥る夫婦が増加している。

6割以上の母親が産後クライシスを経験

カラダノートの調査によると、「産後、夫への愛情の冷え込みを感じたことはありますか?」という問いに対し、「ある」と回答したのは62.3%(749人)。6割以上が産後クライシスを経験していた。

愛情の冷え込みを感じ始めた時期については「産後すぐ〜産後3ヶ月以内(72.9%)」が最も多く、次に多かった「産後3ヶ月以上〜産後半年以内(19.0%)」を合わせると、9割以上(91.9%)が産後半年以内であることが判明した。

愛情の冷え込みを感じたことがある人のうち「夫への愛情が回復した」と感じている人は、半数強の56.6%にとどまり、およそ4割は愛情が冷え込んだままという結果だった。

夫への愛情の冷え込みを感じたきっかけとして多く挙げられたのは、「自分優先の言動」「初めての育児なのに母親ならできると思っている言動」「夜泣きに対応してくれない」など、産後子育てに奮闘する母親に対し、父親の意識や言動に変化が見られないことへ向けられるものだった。

夫婦関係を良好に保つ秘訣は「家事育児の分担」

「現在の配偶者(パートナー)との関係について良好ですか?」という質問に対して、「良好」と回答している人ほど夫の家事育児分担率が高い傾向にあった。

愛情の冷え込みを防ぐためにしていることTOP3

愛情の冷え込みを防ぐためにしていることはありますか?」という問いには、半数以上の57.4%(690人)が「ある」と回答した。

具体的にしていることとして挙げられたのは、「ありがとう、ごめんねを言う(13.0%)」が最も多く、次いで「会話をする時間を持つ(12.6%)」 「スキンシップを大切にする(9.4%)」だった。

夫がしてくれて嬉しかったこととしては、「感謝や労いの言葉をかけてくれること」「家事育児を率先してやってくれること」「子どもを可愛がってくれること」などの意見が多く挙げていた。

最後に回答者の「夫がしてくれて嬉しかったこと」を紹介したい。

・休日娘と過ごした後、「これは一日中一人でみるのは大変だね」と言ってくれた
・子どもの誕生日に「ママ、1年おめでとう!」と言ってくれた心遣いが嬉しかった
・家事を溜め込んだまま寝てしまっていても、文句ひとつ言わずに残った家事をしてくれる
・土日のいずれかは夫が子供を見て、自由時間をくれる

調査概要:産後クライシスに関する調査
調査期間:2019年9月25日〜10月1日
調査対象:「ママびより」メルマガ登録者・カラダノートアプリ利用者
回答人数:1202名
調査方法:インターネット調査

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。