人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女子高生のマストツール!Androidカメラの人気アプリ4選

2020.03.19

近年はスマホの普及が進み、普段の写真撮影をスマホで行う人を多く見かけるようになった。ほぼすべてのスマホには、標準のカメラアプリが搭載されているが、「自分がかわいく映る」「加工が簡単にできる」などの理由で、カメラアプリをインストールしている人も多く、女子高生の間ではもはや常識となっている。今回は、そんな若者の流行に乗り遅れないよう、Androidの定番カメラアプリを紹介していこう。

Androidカメラで撮影する際のポイント

まずは、Androidスマホで写真を撮る際のポイントを紹介していく。カメラアプリだけでなく、最初から搭載されているカメラ機能でも共通するので、しっかりと確認してほしい。

脇をしめてシャッターを押す

姿勢はカメラを扱う際の基本。シャッターを押す際には、脇をしめた状態で押すといいだろう。こうすると、持っているスマホが固定され、手振れを防げる。最近のAndroidには、手振れ補正機能が搭載されている場合も多いが、この撮影法を実践しておけば、手振れ補正機能はオフにしても問題ないだろう。

画面をタップして撮影に変更

スマホカメラでの撮影をする際、シャッターボタンが押しにくかったという経験をした人も多いのではないだろうか。特に近年は、スマホ本体のサイズが大きくなってきている傾向があり、シャッターボタンは両手を使わないと押しづらい。

そのため、スマホの設定から撮影方法を「画面をタップ」に設定するのがおすすめだ。機種によっては設定できないものもあるが、この設定をすれば、画面のどこをタップしてもシャッターを切れる。

被写体をタップでピントを合わせる

カメラ撮影の基本となるピント。一眼レフカメラなどでは、自分でレンズのノズルを調節してピントを合わせる必要があるが、スマホカメラであれば被写体をタップするだけで自動的にピントを調節してくれる。被写体の奥をタップして、被写体をぼかしたおしゃれな写真なども簡単に撮影できるのだ。

フラッシュは基本的にオフ

スマホに搭載されているフラッシュ機能は、基本的にオフにしておくのがおすすめだ。スマホカメラには、スマホが自動でフラッシュのオンオフを判断してくれる便利なモードも搭載されている。しかし最近のスマホは画素数も高く、夜景でもきれいに撮影できる場合が多いので、フラッシュを使わなくても済むこともある。フラッシュを使うとどうしても固い写真になりやすいので、どうしても暗くてフラッシュが必要という時だけ、フラッシュ機能をオンにするといいだろう。

適切な撮影モードを設定

Androidカメラには、状況に応じてカメラの機能を調節してくれる様々なモードが存在する。「夜景モード」や「人物撮影モード」「景色撮影モード」などその種類は多岐にわたるので、あらかじめ色々なモードの撮り心地を試し、状況に応じて設定を変更すると、よりきれいな写真が撮れるだろう。

おすすめのかめらアプリを紹介

ではここからは、おすすめのカメラアプリを紹介していこう。

完全無料で広告も一切なし? 「Open Camera」

最初に紹介するのは、完全無料で利用できるにもかかわらず、広告が一切出ない「Open Camera」だ。無料アプリの中には、広告が出てしまい、消すためには課金が必要、といった仕様のものも多いので、ストレスに感じる人もいたのではないだろうか。

しかしこのカメラアプリには一切広告は出ない。肝心のカメラとしても、シャッター音を消して無音での撮影、ボリュームボタンに任意の機能を割り当てて撮影するなどのカスタマイズ機能も搭載している。非常に使い勝手のいいアプリといえるだろう。

【参照】Open Camera 

盛れるアプリの定番!? 「B612」

2014年にSNSアプリで有名な「LINE」が発表したカメラアプリ「B612」簡単に漏れた写真が撮影でき、LINEアプリとの互換性も高いため女性を中心に人気のアプリだ。

1500種類以上のスタンプ、多数のフィルター機能、複数の写真を1つに編集できるコラージュ機能も搭載されており、簡単に盛れると話題。初期設定のままだと、写真の右下にB612のロゴが入ってしまうが、こちらは設定で消せるので問題ないだろう。

【参照】B612 

インスタグラマーには欠かせない? 「VSCO」

写真や動画を中心に投稿するInstagram。流行の最盛期ともいえるこのSNSは「インスタ映え」という流行語を作るほど若者の生活に根付いている。そんなInstagramを生業とする「インスタグラマー」という人たちから多くの支持を集めているアプリが「VSCO」だ。

VSCOの特徴はクオリティの高いフィルターが搭載されている点。プリセットをそのまま使うだけでもクオリティの高い写真を作れるのだ。会員登録をすれば、さらに様々なツールを利用できるようになる。

また、自分が作った加工具合を記憶させる「レシピ機能」も人気の要因。うまくいった加工具合を記憶し、ほかの写真にそのまま当てはめられるのだ。

【参照】VSCO 

食べ物の撮影に特化したカメラアプリ「Foodie」

カメラアプリは、基本的に人物の自撮りなどに特化したものが多いが、この「Foodie」はその名の通り、食べ物の撮影に特化している。

食べ物をきれいに映すためのフィルターが30種類搭載されており、よりおいしそうに撮影できる。無音モードもあるため、静かな料亭や高級レストランなどでも、周囲を気にせずに使用できるだろう。もちろん、自撮り用のフィルターも搭載されている。

【参照】Foodie

※データは2020年3月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。