人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Amazonで買える!手作りもできる!いざという時に備えておきたい防災グッズ集

2020.03.23

震災時のみならず、断水した際や大型停電が起きた時、また今回のようにコロナウイルスが蔓延し、自宅待機を余儀なくされるケースにおいて、用意しておきたいのが「防災グッズ」。しかし、どんなものを用意しておけば、良いのかイマイチわからないという人も多いのではないだろうか。そこで今回は、有事の際に役立つ可能性が高い、防災グッズを確認していこう。また、合わせてAmazonで購入可能な防災グッズなども紹介する。

【参照】政府広報オンライン 災害時に命を守る一人一人の防災対策

いざという時のために! 非常用持ち出し袋に入れておきたい防災グッズリスト

震災時や大型停電時など、困った時に役立つであろう、非常用持ち出し袋に入れておきたい防災グッズを紹介していく。なお、ここで紹介する物を用意しておけば、絶対に安心というわけではないことを留意してほしい。下記のリスト以外にも、必要と思う物は積極的に用意しておこう。

1:飲料水、保存食……長期保存のできる缶詰やカンパンなど
2:携帯ラジオ……様々な方法で充電できるタイプがおすすめ
3:懐中電灯……手回し式で充電できるタイプが良い
4:モバイルバッテリー、乾電池……スマホの電池切れなどに備えて
5:衛生用品……ウェットティッシュやタオル、無水シャンプーなど
6:防寒具、使い捨てカイロ……厳寒期の震災に備えて
7:軍手……厚みのある滑り止めが付いたタイプ
8:マスク……使い捨てが望ましい
9:簡易トイレ……臭いを防ぐ二重袋タイプがおすすめ
10:携帯ガスコンロ……ガスボンベも忘れずに用意

Amazonで購入可能な防災グッズ集

上記で紹介した、用意しておきたい防災グッズリストを踏まえて、ここからはAmazonで購入可能な防災グッズ集を紹介していこう。

Amazonで買える防災グッズ:トイレマン

【参照】トイレマン Amazon

Amazonの防災・防犯用品売れ筋ランキングにおいて、上位に位置する簡易トイレ。100回分も入っているにもかかわらず、その専有面積はA4ノートの半分程度。収納スペースにも困らなさそうだ。凝固剤は国産品で、10年間の安心保証付き。

Amazonで買える防災グッズ:MT-NET 永谷園 非常食 保存食セット

【参照】MT-NET 永谷園 非常食 保存食セット

水かお湯で作れる保存食セット。炊き込み五目、チャーハン、ピラフ、カレーと計4種類の味がそれぞれ5つずつ入っている。緊急時における「味」への飽きも緩和できそうだ。Amazon価格は1万円(税込み)。5年間保存が可能な点も見逃せない。

Amazonで買える防災グッズ:Life Supply 車載用防災セット 11点

【参照】Life Supply 防災セット 11点

防災士監修のもと作成された車載用防災セット。内容はハイブリッドシート(保温・断熱)、簡易ライト、非常用トイレ袋、軍手とタオル圧縮セット、緊急用ホイッスル、ウェットティッシュ、ポケットティッシュ、カイロ、7年保存米粉クッキー、保存水、EVAバッグの計11点だ。

Amazonで買える防災グッズ:イワタニ カセットフー 達人スリムⅢ ケース付き

【参照】イワタニ カセットフー 達人スリムⅢ ケース付き

携帯ガスコンロを選ぶ上で、持ち運びの利便性は、選考基準の1つとなるだろう。イワタニのカセットフー 達人スリムⅢは、便利なケース付き。重量は約2.1kg。連続燃焼時間は約70分となっている。

Amazonで買える防災グッズ:SERYUB 防災ポータブルラジオ

【参照】SERYUB 防災ポータブルラジオ

携帯基地局など電波塔が倒壊した場合、スマホやテレビからは情報が得られなくなるかもしれない。そこで用意しておきたいのが携帯ラジオだ。SERYUBの防災ポータブルラジオはFM/AM対応。手回し、乾電池、太陽光、Micro USB充電と4つの方法で充電ができるため、状況に応じて使い分けられる。

Amazonで買える防災グッズ:HOLDALL ホイッスル

【参照】Amazon HOLDALL ホイッスル

ホイッスルは土砂災害や家屋倒壊時など、出口が塞がれた際に場所を救助隊に知らせられる。また、避難所など集団生活を行う際、犯罪に巻き込まれないとも限らないため、1つ用意しておけば安心だろう。HOLDALLのホイッスルは高強度プラスチックでできているため、軽いうえに丈夫なのが特徴だ。

震災に備えて……知っておきたい防災のこと

備えておきたいのは防災グッズだけではない。防災に関する知識を得ておけば、有事の際にも役立つことがあるかもしれない。

有事の際に生き抜くための防災関連の本(書籍)はある?

【参照】地震 停電 放射能 みんなで生き抜く防災術

小学館防災チームより出版されている「みんなで生き抜く防災術」は、2011年に起きた震災を参考に、様々な防災術および災害伝言ダイヤルの使い方が記載されている。このほかにも防災関連の書籍は多数出版されているため、1度書店やAmazonなどで確認してみると良いだろう。

手作りできる防災グッズはあるの?

防災グッズを事前に用意できなくとも、身の回りにある生活用品で代替品を作ることも可能だ。例えば、懐中電灯はあるけどランタンがない。といった際には、懐中電灯の照射口にペットボトルを縦にくくりつける。すると、一定方向にしか向かない懐中電灯の光が、ペットボトル内で反射し、より明るいランタンとして用いることも可能だ。このように防災グッズはアイデア1つで作成も可能。気になる人は、ぜひ調べてみよう。

震災時に使ってはいけない日用品は?

例えば停電時などに使いがちなのが、ろうそくなど火を用いた照明器具だが、必然的にリスクが伴う可能性が高いだろう。炎は暖も取れて周囲を明るくしてくれる役割を担っているが、一歩使用方法を間違えると火災につながってしまう。これは震災時などに限った話ではないが、火の取り扱いには充分注意しよう。

※データは2020年3月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※商品・サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。