人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コンパクトハンモック、煙の少ない折りたたみ式たき火台、モンベルの展示会で見つけた超便利なアウトドアギア5選

2020.03.10

日本最大のアウトドアメーカー、モンベルが展示会を開催した。その中から今年の春夏に発売予定の製品を厳選してレポートしていこう。

セミファットタイヤで乗り心地&走破性を向上させた『E-Bike』

日本人の体形に合わせたフレーム設計の軽量自転車シャイデックシリーズに、待望の電動アシストバイクが加わった。それが『シャイデックMT-E』である。MTBを電動アシスト化したE-Bikeで、日本人の体形に合わせたフレーム設計はそのまま生かして、ハイパワーなシマノ製ユニットを搭載した。タイヤはクッション性に優れるセミファット2.8インチを使用、重量はペダルを含めて超軽量の21.8kgに仕上がっている。価格は37万円。

大容量、ハイパワーのシマノ製ユニット。クランクは漕ぎやすい165mmを採用。

バッテリーは取り外して充電できる。ダウンチューブは剛性の高い異形断面型。

走行距離はエコ140km、ノーマル130km、ハイ95kmと1日中走り回れる。

フロントもリアもシマノ製油圧ディスクブレーキを採用。

隔壁のないシームレス構造で寝袋革命!

モンベルから技術的革新ともいえる構造を採り入れた寝袋が登場する。その違いは一目瞭然、表面に縫い目がないのだ。普段、寝袋に縁がない人もダウンジャケットのことを思い出して欲しい。表面に格子状か、菱形の縫い目があるはずだ。これはダウンのかさ高を確保すると同時に偏りを防ぐため内部がボックス構造になっている事を意味する。ダウンは縫い目にある隔壁に遮られて独立した部屋に閉じ込められることで、片寄らずに一定量のかさ高を保てるのだ。

ところがモンベルの最新モデルには縫い目がない、つまり隔壁がない。これによって部屋が広くなったので、ダウンは最大限のかさ高で広がれる。そして、縫い目から寒気が入ってこないので保温力をキープ。それではダウンの偏りをどうするかと言えば、内部に張り巡らされた特殊な糸、スパイダーヤーンによってダウンを保持している。これをスパイダーバッフルシステムと呼んでいる。糸を張り巡らせるだけでダウンが片寄らないとはにわかに信じがたいが、実験装置を激しく上下に振っても確かにダウンのかさ高はキープされている。温かいだけでなく見た目のインパクトも強く、キャンプ場でも自慢しやすいアイテムとして、私も欲しくなった! 価格は3万7000円より6万7000円まで。

従来の寝袋と言えば、このようにボックス構造のための縫い目があった。

スパイダーバッフルシステムのおかげでボックスが不要になり縫い目が消えた。

スパイダーヤンが張ってある左側の筒のダウンはいくら上下に振ってもフワフワ感を保つ。

ドラフト効果と二次燃焼で高い燃焼効率を実現!

キャンプだけでなくバーベキューでも大活躍するのが折りたたみ式たき火台である。各社の製品がしのぎを削る激戦区に、モンベルが満を持して製品化したのが『フォールディングファイヤーピット』である。折りたたみ式で付属バッグにコンパクトに収まるだけでなく、独自の二重構造によりドラフト効果を起こして火力を維持できる。ドラフトとは上昇気流のことで、薪ストーブの煙突もドラフト効果を起こすことで薪の燃焼を高めているのだ。

この構造を利用して、さらに完全燃焼を促す二次燃焼を起こしている。二次燃焼とは一次燃焼で燃え残った可燃性ガスを再び燃やすことである。これにより不完全燃焼時に発生する煙やススを抑えると同時に燃焼効率を高めている。価格は1万6900円。

ドラフト効果と二次燃焼を実現する二重構造を採用。

サイドの穴から加熱された空気を噴出して二次燃焼を促進。

折りたたんだ時の部品数が少なく紛失の心配がない。

付属のキャリーバッグにピッタリと収まる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。