人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【いま選ぶべき輸入車】ボルボ「S60 T80 Polestar Engineered」vsプジョー「508SW GT BlueHDi」

2020.03.08

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

 毎年2月初旬に神奈川・大磯プリンスホテルで開催される名物イベント、JAIA(日本自動車輸入組合)の合同メディア試乗会に参加した。輸入車ブランド各社が最新モデルを持ち込み、短時間ながらメディアやジャーナリストが試乗する。限られたシチュエーションながら、そこは、個性豊かなキャラクターが揃う輸入車ならではの発見がたくさん転がっており、試乗車を乗り換えるたびに新鮮な気分になるとともに、あらためてクルマの楽しさを思い知らされる。その片鱗をお届けするとともに、今が旬の輸入車たちを厳選して紹介したい。

ボルボ「S60 T80 Polestar Engineered」vsプジョー「508SW GT BlueHDi」

 ボルボの4ドアセダン「S60 T80」を、ボルボ傘下の「ポールスター」がチューンした、長い車名の「S60 T80 Polestar Engineered」。一方の「508SW GT BlueHDi」は、プジョーのステーションワゴン「508SW」のディーゼルエンジン版だ。

「S60 T80 Polestar Engineered」は電気モーターとガソリンエンジンをひとつずつ搭載しているが、それぞれのパワーは見事に一体化され、違和感はない。ナチュラルな加速に新時代の高性能が表現されている。ただ、60km/h以下での乗り心地が引き締まり過ぎなのは好みが分かれる。「オーリンズ」社製ダンパーによる効果が出ていて、高速道路での安定性は抜群だ。併せて「Polestar Engineered」ならではのブレンボ製のブレーキは、タッチがとても良い。黄色いシートベルトが悪目立ちしている以外は外見は「S60」と変わらず、控え目で好感が持てる。ボルボの辛口セダンとも言うべきか。

「508SW GT BlueHDi」は対照的で、大型プジョーの例に漏れず、乗り心地はどこまでもマイルドで優しい。ディーゼルのパワーは必要十分だけれども、加速に不足はまったくない。低回転域からのトルクもたっぷりあるので、街中でも乗りやすい。セダンの「508」(※参考記事)の室内の広さとトランクの使いやすさはクラストップだったが、ステーションワゴンの「SW」となると、さらにそれ以上の恩恵を感じる。下手なSUVよりたくさん荷物を積める。

 セダンも高く評価した運転支援デバイスとインターフェイスの優秀性も「508シリーズ」の長所だといえる。この2台はドイツ車とは違った魅力を持っていて、最新の運転支援デバイスを装備している点もアドバンテージとなっている。SUV人気の時代にあっても、しっかりと存在感を示している。

■関連情報
https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/s60/polestar-engineered
https://web.peugeot.co.jp/new508-sw/

文/金子浩久(モータージャーナリスト)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。