人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドライブ中に子どものテンションが下がらないようにするヒントTOP3、3位お菓子、2位音楽、1位は?

2020.03.09

楽しいはずの家族でのドライブ。しかし、小さい子どもがいる家庭では、目的地までの道中で子どもの機嫌が悪くなり、泣き出してしまうというハプニングが起こることもあるだろう。

では、世のママ・パパたちは、ドライブ中に子どものテンションを下げないようどのような工夫をしているのだろうか?

そこで今回、2人以上のお子さんを持ち、長男もしくは長女の年齢が3歳以上9歳以下である30代の男女を対象として、家族のドライブ事情についての調査が実施されたので、その結果を紹介していきたい。

「おでかけ途中に子どものテンションが下がることが多い」家族は65.2%

まず、車でおでかけする前・準備しているときのお子さんのテンションについて尋ねる調査が行われたところ、「高い」もしくは「やや高い」という答えが 89.1%と9割近くを占めており、出発前はほとんどの子どもがおでかけを楽しみにしていることが分かった。

一方で、目的地までの道中・車の中でお子さんのテンションが下がってしまった体験について尋ねる調査が行われたところ、「よくある」(21.6%)「しばしばある」(43.6%)と合計 65.2%の方が、ドライブ中に子どものテンションが下がることが多いと回答していた。

続けて、お子さんの機嫌が悪くなるのはドライブ開始から何時間を超えたあたりかという質問に対しては、「2時間以内」(43.3%)「1時間以内」(22.8%)と、半数以上のお子さんがドライブ開始から2時間以内に機嫌が悪くなっているということが分かった。

また、機嫌が悪くなる原因として当てはまるものに関しては、「中々目的地につかないから」(72.1%)「朝早くから車に乗って疲れてしまうから」(46.3%)「車の中のスペースが充分にないから」(32.4%)といった回答が上位となった。

印象に残っているお子さんのテンションが下がったエピソードとしては、「渋滞などにハマってしまうと自分たちも多少イライラしてしまい、それが子どもたちにも伝わってしまう」「目的地にはまだ着かないの?と最初は笑顔で聞いてくるのですが、聞いてくる回数が増えてきて、徐々に機嫌が悪くなっていく」「チャイルドシートに乗っていると思うように身動きが取れないため、1~2 時間が限界」など、多くの家族がドライブ中に子どもの機嫌を損ねてしまうシチュエーションに悩んでいることが伺える。

子どもの機嫌を保つコツは「動画を流す」「音楽を流す」「お菓子を食べさせる」などが上位

上記の調査結果から、多くの家族がドライブ中の子どものテンションや機嫌の変化に悩んでいることが分かった。

そんなご家族のために、ドライブ中にお子さんの機嫌が悪くなりにくい家族の様々な工夫について尋ねる調査が行われた。

まず、ドライブ中に子どもの機嫌が悪くなることがあるかという質問に「あまりない」「まったくない」と答えた方を対象に、お子さんのテンションを下げないための工夫について尋ねる調査が行われたところ、「動画・DVDを流す」(53.6%)、「音楽をかけて、一緒に聴いたり歌ったりする」(49.0%)、「お菓子などを食べさせる」(48.4%)、「子どもに話かけ続ける」(39.2%)といった工夫が上位に挙げられた。

また、他にも子どもの機嫌を悪くしないための工夫としては、「ハンドルのような円形の筒を持たせて車の運転の真似事をさせると、一緒に運転しているような気になって機嫌がよくなった」「着いたら何をするか、何がしたいかや、こういった物がある、など具体的な事を伝え想像させた」「こまめに SA や道の駅などに立ち寄ると、気分も紛れていい」といった回答があり、こどものテンションを下げず、家族での時間を楽しくするために、それぞれの家族に独自の工夫があることが分かった。

親も子どもも車でおでかけしたいが、ドライブ中の子どもの機嫌に悩む家族が多数

Honda は2019年12月から、子育て家族の車でのおでかけ事情について、様々な調査を実施してきた。

「家族でのおでかけとSNS投稿」に関する調査では「家族でのおでかけが多いことは子どもの成長に良い影響があると思うか」という質問に対して、94.4%の親が良い影響があると思うと回答している。

また、「家族におけるコミュニケーション」についての調査では、「家族そろって車ででかけるのは好きか」という質問に対して、98.4%の子どもが車ででかけることが好きと回答している。

これらの調査から分かるように、親も子どもも車でのおでかけをしたいと思っている一方で、おでかけ中に子どもが機嫌を損ねることに関しては、どの家族も悩んでいるようだ。

<調査概要>
■調査名 :「家族におけるコミュニケーションについて」
■調査対象:30代既婚男女442名(男性 221 名/女性 221名)
<条件>・家族で車を所有しており、少なくとも週末は車を利用している
・2人以上の子供を持ち、長男もしくは長女の年齢が 3 歳以上9歳以下であること
■対象地域:全国
※グラフのパーセンテージは四捨五入されているため合計値が100にならないものもある。

出典元:本田技研工業株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。