人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナウィルス感染拡大を機に、形骸化していた企業の在宅勤務制度は稼働するか?

2020.03.08

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策の一環として、在宅ワークがクローズアップされている。では実際のところ、経営者や従業員は「在宅ワーク」についてどんな考えを持っているのだろうか?

そこで今回、20代~70代の男女1,322名を対象に「在宅勤務制度」に関する調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

「在宅勤務制度」、「ある」と回答したのは約1/4

会社の経営者/役員と従業員に対し、勤務先に「在宅勤務制度」があるかどうか尋ねる調査が行われたところ、「ある」と回答したのは23.3%と約1/4となった。

また、少数ではあるが、0.4%は「過去にあった(が無くなった)」と回答しており、導入を廃止した企業もあるようだ。

導入してほしい社員は声を上げることが必要?

業務内容的に導入が難しい訳ではないが、「在宅勤務制度」を取り入れていない会社の経営者/役員に対し、導入していない理由を尋ねる調査が行われたところ、「導入してほしいという意見が挙がっていない」、「勤務をきちんと行ったかどうかの確認がしづらい」が同率で1位となった。

3位には「導入するきっかけがなかった」(27.3%)もランクインしており、従業員が声を上げることで「在宅勤務制度」が取り入れられる可能性もありそうだ。

「在宅勤務制度」を取り入れてからの会社の状況、「悪くなった」と回答した経営者・役員はゼロ!

反対に、「在宅勤務制度」を取り入れた会社の経営者/役員に対し、導入後の会社の変化について尋ねる調査が行われたところ、「良くなった」は37.0%、「どちらとも言えない」は63.0%となり、「悪くなった」と回答した経営者/役員は0だった。

「良くなった」と回答した経営者/役員からは、無理に出勤する必要性が無くなったことで社員のモチベーションが高まった、お互いに協力し合う意識が芽生えチームワークが生まれたなどの意見が見受けられた。

●「良くなった」と回答した経営者/役員の意見

・自由度が多くなった。大雨、雪など自然現象の際に事前に在宅させることで、無理な出勤がなくなった。(50代・女性)
・助け合いながら仕事をすることが増えた。(50代・女性)
・プライベートな時間に余裕が持てたり、仕事への責任感が増した。通勤時間などをなくすことで仕事への集中力の増加などがある。(30代・男性)
・無駄がなくなった。(60代・男性)

「在宅勤務制度」が導入されたら……約9割が「利用したい」と回答

現在、勤務先に在宅勤務制度が「ない/あるか分からない」かつ、業務内容的に在宅勤務が可能な人を対象に、「在宅勤務制度」が導入されたら利用したいかと尋ねる調査が行われたところ、「積極的に利用したい」(43.1%)、「時々利用したい」(46.4%)を合わせると、9割もの人に利用意向が見られた。

調査2からも分かる通り、「社員から声が挙がっていないから」「きっかけがないから」導入していないという会社も存在しており、「在宅勤務制度」の導入を望む人たちはまずは声を上げてみることから始めてみると良いかもしれない。

一方、「利用したくない」と答えた約1割人のほとんどが「公私は分けたい」「家で仕事ができない」「人とコミュニケーションを取る機会が減ってしまう」といった理由を挙げていた。

●(利用意向のある人)どんな時に利用したいか?

・インフルエンザなどの感染症の流行期間、オリンピックなどのイベント期間。
・通勤に関する無駄を省きたいので、常時利用したい。
・一人で集中して作業したい時。
・生理やPMSなどでキツいとき。
・上司に会いたくない時、一人でいたい時。
・妊娠中
・親の介護が必要な時
・自宅に持ち帰って無料奉仕でしている作業などがあるので、在宅勤務扱いとしてもらいたい。
・月末や月初の決算で遅くなる時。
・週2回くらい在宅で勤務出来れば通勤時間がなくなるので家事がスムーズにできる。
・まだ子供が小さく災害などが発生した際など子供を保育園へ早くお迎えに行く必要があるから。

●利用意向のない人の理由

・なるべく家に仕事を持ち帰りたくない。
・プライベートとの境目がなくなる。
・コミュニケーションができず、仕事が回らなくなるように思う
・だらけてしまうから。
・在宅勤務制度のある友達の会社では、PC前のカメラで確認されるらしいです。席を離れるとさぼっていると思われるし・・・。会社内なら少しの立ち話等は問題ないのに。との事です。

形骸化している企業も?「利用したことはない」が過半数!

勤務先に「在宅勤務制度」があると回答した人に対して実際の利用状況を尋ねる調査が行われたところ、「常に利用している」が10.8%、「時々利用している」が31.4%だった。一方で、「利用したことがない」が最多の57.7%となった。

制度としてはあっても、利用するまでのハードルが高かったり、利用することに対する後ろめたさがあったりで制度が形骸化してしまっている会社もあるのかもしれない。

「在宅勤務」の指示が出たこと、約7割が「ない」と回答

勤務先に「在宅勤務制度」がある/あったと回答した人に対し、今までに会社から「在宅勤務」の指示が出た経験があるかどうかを尋ねる調査が行われたところ、「ある」と回答したのは3割となった。

指示を受けた時の状況については、「台風」「震災」が最も多く、通勤手段に混乱が生じた際に指示が出ることが多いようだ。その他には「インフルエンザの流行」「新型コロナウイルス」などの病気が挙がった他、大手企業に勤めているであろう人からは「オリンピック・パラリンピックの事前準備」「BCP(事業継続計画)の訓練」などのワードも出た。

●「在宅勤務制度」に対する意見

・在宅勤務制度に、なれば家族との触れ合いが多くなり、又自分の「余暇」も多く出来そうです。(50代・男性)
・外部からアクセスすることになるのでセキュリティが心配。(50代・女性)
・自然災害や高齢介護が当たり前に増えてくる今後、在宅で仕事できる環境を積極的に取り入れてほしいです。(30代・女性)
・裁量労働制で個人の業務成果に各人が責任を持つことが浸透している会社でないと難しそう。(40代・男性)
・通勤が楽だが、メリハリが無い。(70代・男性)
・自分は頻繁に活用しているが、部下に勧めてもなかなか活用しない。大企業が地方に移転しない限り、電車の混雑率が年々増えてきていると感じているので、もっと在宅勤務制度を活用すべきだと思う。(50代・男性)
・猫も杓子もリモートって言いますが、リモートで上手くいく仕事ばかりではないし、リモートしながら子育てって大して仕事進まない職務が多い。リモート言う前にちゃんと働いて欲しい。(40代・男性)

■調査概要
調査タイトル :「在宅勤務制度」に関するアンケート調査
調査対象 :20代~70代の男女1,322名
調査期間 :2020年2月2日~2月4日
調査方法 :インターネット調査
調査主体 :株式会社エアトリ

出典元:株式会社エアトリ

 さらに、雑誌「DIME」最新号の特集は「最強!快速!テレワークギア」。新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を行なう人が急増していますが、それに伴って、様々なストレスや問題が生じているというのも事実。そんなテレワーカーのために、快適なテレワークを実現するための、デバイスの選び方(Web会議対応パソコン、高精細Webカメラ、超速Wi-Fiルーター、サブモニター、デスクライト、スピーカー、姿勢矯正椅子など)、本当に使えるビジネスチャットツール、効率的な仕事の進め方、環境づくりのノウハウ、セキュリティー対策、ソリューションサービスなどを詳しく紹介。さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。

 そのほか、超便利な万能キャンプギア図鑑、いま買うべき必勝株、再開発で進化する東京のトレンドスポット、注目度No.1のスーパールーキー・佐々木朗希徹底解剖など、今、知りたい情報がてんこ盛りのDIME6月号、ぜひお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

『DIME』6月号
2020年4月16日発売
特別価格:本体900円+税
小学館

<ご購入はコチラ>
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B086L975TG/
楽天: https://books.rakuten.co.jp/rb/16283614/
7net: https://7net.omni7.jp/detail/1218447306/

※ネット書店は売り切れの場合もありますので、是非お近くの書店、コンビニでもお買い求めください。

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。