人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ワイヤレス、有線、ブランド、コスパの高さで選ぶ最新イヤホン12選

2020.03.07

外出先や室内で、周囲に音を漏らさずに音楽を聞けるイヤホン。スマホが普及した現在、マイク付きイヤホンを使って通話に利用している人も多いだろう。イヤホンは用途によって必要な機能も異なり、値段もかなり違いがある。どれを買うのがベストなのか? この記事では用途やコスパなどの観点から選んだ、おすすめのイヤホンを12商品紹介する。

【目次】

有名メーカーからセレクト!おすすめのイヤホン3選

使いやすさ抜群!おすすめのワイヤレスイヤホン3選

音質にこだわりたい!おすすめの有線イヤホン3選

コスパ重視!1000円前後で買えるおすすめの安いイヤホン3選

有名メーカーからセレクト!おすすめのイヤホン3選

人気メーカーのイヤホンなら、使っている人も多いだけに安心できると考える人も多いはず。ここでは、販売実績に秀でた有名メーカーのイヤホンを3商品紹介する。

Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

音響機器ブランドであるBoseの有線イヤホン。ノイズキャンセリング機能をオンにすれば、 周囲の雑音を消して音楽に没頭できる。音楽を聞きながらも周囲の音も拾いたい場合は、ボタン1つで周囲の音を聞き取るモードに切り替えもできる。iPhone・iPad・iPodといったApple社の製品にも接続可能だ。

出典 公式サイト|Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

 

アマゾンでの購入はこちらから

audio-technica ATH-SPORT60BT

audio-technica  ATH-SPORT60BT

国内の音響機器メーカーであるaudio-technicaのワイヤレスイヤホン。防水加工が施してあるので、水洗いして清潔に保てる。最大約6時間の連続使用が可能。イヤフィンとイヤーピースが4種類ずつ入っており、さまざまな耳の形に対応している。

出典 公式サイト|audio-technica ATH-SPORT60BT

 

アマゾンでの購入はこちらから

JBL TUNE120 TWS

JBL TUNE120 TWS

世界中で愛されるスピーカーメーカー・JBLの完全ワイヤレスイヤホン。ボタンを押すだけで、ハンズフリー通話にも切り替えられる。Google Now やSiri にも対応。カラー展開はブラック、ホワイト、グリーン、ピンクの4種類。

出典 公式サイト|JBL TUNE120 TWS

 

アマゾンでの購入はこちらから

使いやすさ抜群!おすすめのワイヤレスイヤホン3選

ワイヤレスイヤホンの利点は、コードがからまるわずらわしさや、こすれる際のノイズがないことだ 。移動中はもちろん、ランニングやスポーツをしているときも快適に音楽が聴ける。ここでは、おすすめのワイヤレスイヤホンを3つ紹介しよう。

ANKER Soundcore Liberty 2 Pro

ANKER Soundcore Liberty 2 Pro

2種類のドライバーを同軸上に配置することで、高音と低音がバランスよく合わさった臨場感溢れる音質を実現。フル充電から最大8時間連続で再生でき、付属されている充電ケースを利用すれば、最大32時間連続再生できる。

出典 公式サイト|ANKER Soundcore Liberty 2 Pro

 

アマゾンでの購入はこちらから

TaoTronics TT-BH07

TaoTronics TT-BH07

世界累計200万台以上の販売実績がある、人気のワイヤレスイヤホン。1時間の充電で最大6時間続けて使用できる。ハンズフリー通話でも使用でき、ノイズキャンセル機能付きで音声がクリアに聞こえる。さらに防水仕様なので、悪天候の日でも安心だ。

出典 公式サイト|TaoTronics TT-BH07

 

アマゾンでの購入はこちらから

SONY WF-1000XM3

SONY WF-1000XM3

ソニーのWF-1000XM3は、人間工学に基づいた設計で装着時の密閉性が高く、周囲のノイズを物理的に防げる。音楽を聞きながらも周囲の声も確認できる「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」も搭載。さらに、ハイレゾと同等の高音質が楽しめる「DSEE HX」を採用している。

出典 公式サイト|SONY WF-1000XM3

 

アマゾンでの購入はこちらから

音質にこだわりたい!おすすめの有線イヤホン3選

Bluetoothで音を圧縮して送るワイヤレスイヤホンは、どうしても有線イヤホンに比べて高音質を維持するのが難しい。音質にこだわりたい人は、有線タイプがおすすめだ。ここではおすすめの有線イヤホンを3商品紹介する。

final E4000

final E4000

あえて強調する音域を作らないことで、細やかな音も臨場感あふれた表現ができる有線イヤホン。日本最高権威のオーディオビジュアルアワード『VGP』 の受賞経験も持っている。イヤーピースをめくると左右で色が違うので、付け間違いを防ぎやすい。付属の専用ケースがあり、コードの収納場所にも困らない。

出典 公式サイト|final E4000

 

アマゾンでの購入はこちらから

ONKYO E700M

ONKYO E700M

軽量アルミハウジングの使用により、余計な共振を防止できる有線イヤホン。音楽を聴くだけでなく、コントロールマイク付で音声通話もできる。ハイレゾ対応。

アマゾンでの購入はこちらから

Pioneer SE-CH5BL

Pioneer SE-CH5BL

低音から高音まで広帯域で高い音質が楽しめるハイレゾ対応の有線イヤホン。特殊な構造で低音の音質を調整して分離することで、中音もクリアに聞こえる。

アマゾンでの購入はこちらから

コスパ重視!1000円前後で買えるおすすめの安いイヤホン3選

イヤホンの音質や性能よりもコスト面が気になる人もいるだろう。とはいえ、あまりに機能性が低いものだと、音楽をしっかり楽しめなくなる。ここでは、1000円程度で買えて高機能なイヤホンを3点紹介する。

Panasonic RP-HJE150-K

Panasonic RP-HJE150-K

こちらはパナソニックのカナル型の有線イヤホン。気密性に優れているので、音漏れしにくい。イヤーピースはXS・S・Mの3サイズあり、耳が小さい人にも対応している。また、カラーバリエーションも豊富だ。 価格は破格の1000円以下のプチプライスで購入できる。

出典 公式サイト|Panasonic RP-HJE150-K

 

アマゾンでの購入はこちらから

PHILIPS SHE7000

PHILIPS SHE7000

電気機器関連機器メーカーのPHILIPS(フィリップス)から販売している有線イヤホン。わずかな音の違いも正確に聞き分けられる「ゴールデンイヤー」の厳正な審査により、バランスの良い音質を実現。S・M・Lと3サイズで展開するイヤーキャップは、シリコン製で耳へのフィット感が高い。

出典 公式サイト|PHILIPS SHE7000

 

アマゾンでの購入はこちらから

ALPEX HSE-A1000

電気機器関連機器メーカーのPHILIPS(フィリップス)から販売している有線イヤホン。わずかな音の違いも正確に聞き分けられる「ゴールデンイヤー」の厳正な審査により、バランスの良い音質を実現。S・M・Lと3サイズで展開するイヤーキャップは、シリコン製で耳へのフィット感が高い。

イヤホン・ヘッドホンの専門店「e☆イヤホン」とオーディオアクセサリーメーカー「アルペックス」が共同開発した 有線イヤホン。コスパも品質も良いイヤホンを目指して作られ、低音が良く響くチューニングとなっている。13種類の豊富なカラーバリエーションがある。

出典 公式サイト|ALPEX HSE-A1000

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。