人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

邦銀は2025年までに200億ドルの決済収益を失う恐れあり

2020.03.05

邦銀は2025年までに200億ドルの決済収益を失う可能性がある

アクセンチュアの調査により、デジタル決済の拡大やノンバンク企業との競争による決済手法やサービスの多様化によって邦銀は2025年までに決済収益全体の28%に相当する200億ドルが今後失われる可能性があることが判明した。

調査によると、今後、日本国内の決済収益は年率2.6%で成長し、2019年の720億ドルから2025年には850億ドルまで拡大すると予想。120億ドル規模の新たな決済収益市場で確実にシェアを獲得するためには、銀行は最新のテクノロジーを導入して革新的なビジネスモデルを早急に構築し、顧客への付加価値の高いサービス提供に重点的に取り組んでいくことが求められる。

Payments Pulse Survey: Two Ways To Win(ペイメント・パルス・サーベイ:勝つための2つの方法)」と題した同調査は、アクセンチュアが開発した収益・リスク分析モデルに基づき、消費者の決済手段の傾向を測定し、商行為やテクノロジー、規制の変化を予測している。

加えて、世界22カ国の銀行の決済担当役員240人を対象にアンケートを実施し、銀行が決済分野における創造的破壊の波をいかに乗り越えて成長に結びつけ、顧客のロイヤルティや収益、採算性を拡大させようとしているのかを見極めた。

また、新しいテクノロジーに起因する、決済市場のこうしたさまざまな課題について、銀行業界がすでに認識していることも判明している。調査対象となったグローバルの銀行幹部のうち71%が、「決済が無料化している」ことに同意し、73%が、「決済のほとんどがすでにデジタルで完結している、もしくは今後12カ月以内にそうなるだろう」と回答。また、78%の幹部が「決済はすでに即時決済になっている、もしくは今後12カ月以内に即時決済になるだろう」と回答している。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。