人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

上司とのコミュニケーションの頻度、どれくらい取っている?

2020.03.09

上司とのコミュニケーションは、業務の目標を共有したり、進捗管理をするだけでなく、チーム全体の士気を上げるために重要となる。しかし、多くの企業で上司と部下の間でのコミュニケーションが課題として挙げられることは少なくない。

それでは現代のビジネスパーソンは、どの程度上司とコミュニケーションをとることができているのだろうか。今回は、ベースメントアップスが実施した「上司とのコミュニケーションの頻度」について調査結果を紹介しよう。

上司とコミュニケーションを取る頻度はどのくらい?

ほとんど取らない:42%

ほとんど取らないと回答した人は全体の42%。多くの人が上司とほとんどコミュニケーションをとることができていないことがわかった。コミュニケーション不足により、業務を効率的に進めなかったり、業務上の重大なミスに気づくことができないという問題が生じる。

毎日取る: 45%

毎日取ると回答した人は全体の45%。仕事の進捗状況の報告を徹底している企業ではコミュニケーションをとる指導がされているようだ。上司とのコミュニケーションを取ることは、目標に向かって業務を進めるために重要となる。

3日に1回は取る:6%

3日に1回は取ると回答した人は全体の6%。業務内容にもよるが、3日に1回のコミュニケーションは必要最低ラインと言える。コミュニケーションが重要である業務の場合は、課題感を持つ必要がある。

週に1度は取る:7%

週に1度は取ると回答した人は、全体の7%。上司一人で多くの部下を抱えている組織では、上司と部下の面談時間を設けていることがある。ただし、この機会だけではコミュニケーションが十分ではない場合は、自ら積極的にコミュニケーションをとることを意識したほうがいいだろう。

仕事に関する意識調査
調査日   :2019年10月29日 〜2019年11月3日
調査方法 :インターネット調査
調査人数 :115名
調査対象 :社会人

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。