人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「新型肺炎」の世界への感染による株式市場への影響と今後の動向は?

2020.03.04

今、中国の湖北省武漢市で発生した『新型肺炎』の感染が世界各地に拡大している。

WHO(世界保健機関)は、一度は見送った「緊急事態宣言」を発表し、日本政府も中国湖北省に滞在歴のある外国人の入国を禁じるなど各国政府の対応は新たな局面に。中国では武漢市の交通封鎖や春節休暇の延長など感染拡大の阻止に向けた対策を強化中で、あらゆる地域で町から人が消えたとも言われる状況になっている。

そんな中、三井住友DSアセットマネジメントは『新型肺炎』の感染拡大による影響を2020年2月17日に発行した。感染拡大阻止への取り組みと働き方の変化、そして株式市場への影響と今後の動向とは?

感染拡大阻止への取り組みと働き方の変化

感染拡大を受けて現地法人スタッフの在宅勤務等、同社としても少なからず影響を受けてはいるが、業務に支障が出ているかというと必ずしもそうではないという。

『新型肺炎』の感染拡大を契機に、在宅勤務は「しなければならないもの」として変貌したと言えるのかもしれない。今後は在宅勤務が難しい製造業の現場や対面サービスが必要な仕事も、さらに自動化や無人化が進めば、働き方が大きく変わるのは必至ではないだろうか。

株式市場への影響と今後の動向

株式市場の反応は、当然のことながらネガティブ。感染拡大で消費や生産活動が落ち込み、結果として企業業績への打撃が避けられない以上、株式市場がそれを織り込むのはいたって自然な反応だ。

しかし、投資家としては冷静な視点も必要になる。例えば17年前のSARSは絶好の投資機会を提供した。株式市場は「先行きの不透明感」を嫌うので、感染の拡大が加速し、どこまで広がるかわからない状況でのトレンド転換は難しいが、新規発症者数が頭打ちになるなど事態の悪化に歯止めがかかり始めると、先行きの改善を視野に入れた株価形成になってくる。

それまでは、冷静かつ客観的に『新型肺炎』と向き合いつつ、例えば『新型肺炎』の感染拡大で特需が発生する銘柄への投資といった目先のアイデアではなく、構造的な成長ドライバーを抱える優良株の発掘を主眼とした調査活動を継続する方針だという。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。