人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2019年12月の外食市場規模は4039億円、増税の影響で前年同月比−241億円と5か月連続で前年割れ

2020.03.01

忘年会やクリスマスなど、外食の機会が増える12月。当然、飲食業界はうるおいそうなものだが、昨年12月の外食市場規模が例年に比べて振るわなかったという事実がこのほど、「ホットペッパーグルメ外食総研」による、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対象とした2019年12月度の「外食市場調査」によって明らかになった。

2019年12月の外食市場規模は4039億円

2019年12月の外食市場規模は、3圏域合計で4039億円。前年同月比(以下、前年比)は‐241億円で、5カ月連続して前年を下回った。

外食頻度は2012年の調査開始以来、12月としては最低値を記録。逆に単価は同過去最高額となったが、前年比の増加率は2%増税されているほどには伸びなかった。

結果、市場規模は12月としては、調査開始以来の最低額にとどまった。圏域別では、関西圏での外食単価の上昇(3,020円、前年比+101円)が目立ったが、外食実施率低下の影響が大きく、市場規模としては3圏域とも前年比マイナスとなっている。

2019年の12月は天皇誕生日の祝日がなくなったことなど、前年よりも不利なカレンダーであった影響や増税による外食に対する消費者意識の冷え込みを反映している可能性もありそうだ。

業態別では主要16業態中11業態で前年を下回り、特に「居酒屋」は7カ月連続、「和食料理店」は5カ月連続して市場規模が前年比マイナスとなっている。

出典元:株式会社リクルートライフスタイル

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。