人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

広角24mmから望遠105mmまでの幅広い焦点距離をカバーするキヤノンの小型軽量ズームレンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」

2020.03.05

小型・軽量設計による優れた携帯性と広角24mmから望遠105mmまでの幅広い焦点距離により、スナップや ポートレート、風景など多彩なシーンに対応。

キヤノンに登場した「EOS Rシステム」の核となる交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、小型・軽量と高画質を両立した標準ズームレンズ“RF24-105mm F4-7.1 IS STM”を紹介しよう。

大口径・ショートバックフォーカスにより優れた携帯性と高画質を両立したレンズ

「RFマウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカスを生かし、レンズ群の後端(カメラ側)に大きなレンズを配置する光学設計となっている。

これにより、全長約88.8mmで本体質量約395gの小型・軽量を実現。また、広角24mmから望遠105mmのズーム全域で画面の中心部から周辺部まで高画質に写真や映像を撮影することができる。

リードスクリュータイプのステッピングモーター(STM)を採用。「EOS Rシステム」のミラーレスカメラに搭載している「デュアルピクセルCMOS AF」との組み合わせにより、静止画撮影時は高速・高精度なAFを、動画撮影時は被写体の動きに合わせた滑らかなAFを実現している。

さらに、シャッタースピード換算で約5段分の高い手ブレ補正効果を実現し、薄暗い室内や夜景など手ブレが発生しやすいシーンでも快適な撮影が可能だ。

フォーカス群を含む後方のレンズ構成の適正化により、AF撮影時に最短撮影距離0.2mを実現。さらに、MF撮影時には最短撮影距離0.13mとなり、レンズ先端から約2.5cmまで近づいて撮影することができる「Center Focus Macro」機能が使用でき、表現の幅が広がる。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。