人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

カスタムメイドのツイーターとミッドレンジドライバーに2基の75mmサブウーハーを内蔵したDenonのサウンドバー「DHT-S216」

2020.03.01

リビングルームに馴染みやすいシンプルなデザインが魅力的。

明瞭なサウンドを奏でるカスタムメイドのツイーターとミッドレンジドライバーに加え、エンクロージャーの底面に向けて2基の75mmサブウーハーを搭載したデノンの『DHT-S216』。

サブウーハー内蔵サウンドバー『DHT-S216』

低音の量感とクリアネスを最適にバランスさせるよう綿密に設計されたバスレフポートをエンクロージャーの左右に配置することにより、一体型のサウンドバーでありながら、リビングルームを満たす豊かな低音再生を実現している。

入出力は4K対応のHDMI入出力を各1系統、光デジタル入力を1系統、アナログAUX入力を1系統装備。音声フォーマットはDolby Digital、DTS、AAC、リニアPCMに対応している。

オーディオ・リターン・チャンネル(ARC)やHDMIコントロール機能(CEC)に対応しているため、同機能に対応したテレビとHDMIケーブルで接続するだけで、テレビの音声のDHT-S216での再生やテレビのリモコンでのDHT-S216の音量調整や電源オン/オフの連動が可能だ。

サウンドチューニングはデノンのHi-Fiコンポーネントと同様に、サウンドマネージャーと音質担当エンジニアによって行われている。DSPによる補正に依存するのではなく、スピーカーユニットの基本設計からエンクロージャーの形状、吸音材の分量・配置などベースとなる「音の良さ」をしっかり磨き上げた上で、Hi-FiコンポーネントやAVアンプにも通ずるデノンサウンドにまとめ上げた。

Bluetooth にも対応しているので、スマートフォンやタブレット、パソコンなどからお気に入りの音楽コンテンツやアプリのサウンドもワイヤレスで手軽に再生できるのも嬉しい。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。