人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今日の仕事は森の中で…そんな夢を本当にかなえてくれる日産「エクストレイル リモートワーク・モデル」

2020.03.03

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

働く場所を選ばないリモートワーク

オリンピックを前に、仕事をする場所を選ばない、「リモートワーク」が注目される中、日産自動車とコールマン ジャパンは「エクストレイル リモートワーク・モデル」を発表。広く体験希望者を募集し、2020年2月22日、当選者による体験会が開かれた。

「今回用意したリモートワーク・モデルはリモートワークをするためにつくられたコンセプトカーです。

リモートワークをしに遠くにいっても、道中で疲れたり、帰りの運転が不安だと良質なアウトプットができません。

しかし、エクストレイルは基本的な走行性能の高さはもちろん、高速道路もプロパイロットを使って先行車両との車間距離をキープしながら走行できるので、長距離移動や渋滞時の運転をサポートします。

移動ではなくその後のリモートワークにエネルギーを使っていただきたいので、先進性と走破性に優れているエクストレイルはリモートワークと相性がいいと考えています。」(日産自動車 日本マーケティング本部/米森健太さん)

走破性の高さ=アウトドア向きと考えられますが、走破性が高い=だれもいない森の奥に分け入って仕事に没頭できるという面も、リモートワーク向きともいう。

「日産自動車とコールマンの関係は古く、2001年にセレナやエルグランドのコールマンバージョンの限定車を販売してもらっています。

当時はファミリー向きのミニバンとファミリーキャンプのコールマンというスタイルがぴったりマッチ。今回はエグゼクティブなリモートワークと、上質を求めたコールマンの最高級ライン“マスターシリーズ”のスタイルがマッチしました」(コールマン ジャパン マーケティング本部/佐藤明さん)

エクストレイル リモートワーク・モデルのボディカラーは、マスターシリーズをイメージした「エグゼクティブ・ブラウン」。マットだけれど上品に輝く不思議な質感だ。

ホイールやドアノブなど、日産のエンブレムとコールマンのロゴ以外はブラックに塗装し、エレガントな雰囲気をまとわせた。SUVのゴツさは薄まっている。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。