人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本で発売されるのか?ファーウェイが発表した5G対応の折りたたみスマホ「Mate Xs」の驚きの完成度

2020.02.28

ファーウェイはスペイン・バルセロナで、5G対応の折りたたみスマートフォン『HUAWEI Mate Xs』や10.8インチタブレット『HUAWEI MatePad Pro』、ノートパソコン『HUAWEI MateBook』シリーズの最新モデルなどを発表した。

発表イベントは本来、モバイル見本市「MWC(Mobile World Congress)」(2月24日~27日予定)にあわせて開催される予定だったが、MWCが新型コロナウイルスの影響を受けて中止となったため、登壇者がビデオでプレゼンテーションを行うバーチャル方式で開催された。

『HUAWEI Mate Xs』は、昨年中国限定で販売された折りたたみスマートフォン『HUAWEI Mate X』の後継機。開くと約8インチとなる有機ELディスプレイを、ディスプレイを外にした折りたたむ方式で、閉じると表面は約6.6インチ、裏面は約6.38インチの2つのディスプレイを持つスマートフォンとして利用できる。

背面には40MPの広角(27mm相当、F1.8)、16MPの超広角(17mm相当、F2.2)、光学3倍、デジタル30倍までズームできる8MPの望遠(80mm相当、F2.4)の3つに、ToFセンサーを加えたライカブランドのクアッドカメラを搭載。

大画面を活かしたマルチタスキング機能や、閉じた際の両面ディスプレイを活かして、セルフィーが撮れる機能など、折りたたみスマートフォンならではのユニークな機能も備える。中国以外のグローバルでも発売予定だ。

ペンやキーボードカバーも利用できる、10.8インチタブレット『HUAWEI MatePad Pro』には、5Gに対応するモデルも用意される。

『HUAWEI MateBook』シリーズはラインアップを一新。第10世代Coreプロセッサー(Comet Lake)を搭載した写真の『HUAWEI MateBook X Pro』は新色も登場。ほかに14インチと15.6インチのディスプレイを搭載するビジネスノート『HUAWEI MateBook D』シリーズなどが発表された。

「App Gallery」を第3のアプリストアとして成長させていく

ファーウェイは現在、米国政府の禁輸措置によって2019年5月16日以降にローンチした新製品に対しアプリストアの「Google Play」を含む、Googleのアプリが搭載できない状態が続いている。今回発表された『HUAWEI Mate Xs』や『HUAWEI MatePad Pro』も同様で、代わりにファーウェイ独自のアプリストア「App Gallery」が採用されている。

「App Gallery」は日本を含む170以上の国と地域で利用可能で、月間アクティブユーザーは4億人以上。開発者向けにアプリ開発プラットフォーム「HMS(Huawei Mobile Service) Core」も公開されていて、すでに世界で130万人以上の開発者が利用しているという。ファーウェイ・コンシューマー・ビジネスグループCEOのリチャード・ユー氏は、プレゼンテーションで「HMS Core」で提供されるツールや、Googleのアプリに置き換わる独自アプリについて紹介するとともに、さらに多くの開発者へHMSエコシステムへの参加を呼びかけた。

同社では「App Gallery」を「Google Play」や「「App Store」に次ぐ、第3のアプリストアとして成長させていきたい考え。HMSエコシステムはまた、5G時代を見据えて同社が掲げる、チップセットからデバイス、ネットワーク、アプリケーションやサービスまでを一気通貫で提供する「All-scenario Seamless AI Life戦略」の、重要な柱のひとつにも位置づけられている。

リチャード・ユー氏がHMSエコシステムへの参加を呼びかけ

イベント終了後、日本のメディアによるグループインタビューに応じたリチャード・ユー氏は、HMSエコシステムについて「HMS Coreと連携するアプリは日々増え続けている」と自信を見せた。「さらに連携するトップアプリを増やしていくことが、ユーザーを惹き付けることにつながる。引き続き世界中のトップアプリをHMS Coreに連携するための活動を続けていきたい」と説明。一方で、「昨年5月以前に発表した製品ではGoogleのサービスが継続して利用できるので、そのサポートもしっかり続けていく」とアピールした。

MWC開催にあわせて、早くから欧州入りしていたというリチャード・ユー氏。MWCの中止を受けてイベントではビデオでの登壇だったが、現地で日本メディアの取材に応じた。

なお、ファーウェイでは3月26日にパリで、人気スマートフォン『Huawei P30』シリーズの後継機を発表予定。こちらも「Google Play」ではなく、「App Gallery」を搭載したスマートフォンになると予想される。

取材・文/太田百合子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。