人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

広告業界の仕事にやりがいを感じる会社ランキング、3位サイバーエージェント、2位博報堂、1位は?

2020.03.02

広告業界の“仕事にやりがいを感じる企業”ランキング

電通」はキャリコネが発表した『広告業界の仕事にやりがいを感じる企業ランキング』で1位に選ばれた。

まずは「電通」で実際に働く人の口コミを見てみよう。

クライアントからキャンペーンを任されて、チームを組成して、果敢に取り組み、そのゴールを達成したときには大きなやりがいを感じます。また、自分のアイデアでクライアントの課題を解決し、消費者行動に変化を与えらえることは、この仕事の面白みであると思います。社会的影響力を持てる点が魅力です」(コンサルティング営業/40代後半男性/年収1,800万円/2017年度)

今回は多数の労働環境改革施策を実行してきた「電通」の取り組みについて紹介したい。

電通は、国内広告市場で3割近くの圧倒的シェアを誇り、海外市場でも成長を続ける大手広告代理店。2017年に「労働環境改革基本計画」を発表し、過重労働の撲滅、労働環境の改善に向けて全力で取り組んできた。

22時以降の残業の原則禁止や月1回の休務制度(インプットホリデー)、退勤から次の出勤まで一定時間以上の休息時間を設ける「勤務間インターバル制度」、簡単な質問に回答するだけで社員のコンディションが可視化される「バイタリティノート」の導入など、労働時間短縮と業務品質の向上の両立を目指した多数の施策を実行。2019年1月からは、事情や部署を問わない「フレックスタイム制度」もスタートさせている。

2018年の1人当たりの年間総労働時間は1952時間、法定外労働時間(月間平均)は9.8時間、有給休暇取得率66%と確実に改善させており、「働き方を変えたい」という社員の意識改革も進んできている。なお、2018年12月期の有価証券報告書によれば、平均年間給与も約1180万円と非常に高水準だ。

広告業界の"仕事にやりがいを感じる企業"ランキング

調査対象:『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)の「広告」に記載の企業のうち、対象期間中に「キャリコネ」に20件以上の評価が寄せられた企業
調査内容:企業別にキャリコネユーザーによる「仕事のやりがい」評価の平均値を算出(5点満点)
対象期間:2015年4月1日~2018年3月31日

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。