人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年収800万円以上のビジネスパーソンの副業率は2割。外資系企業の副業1位は不動産投資、日系企業の副業1位は?

2020.02.27

近年、働き方改革の影響により「副業」をする人が増加しているが、比較的年収が高いビジネスパーソンの副業事情はどうなっているのか。今回エンワールド・ジャパンは、正社員で働いている年収800万円以上の1,028名に「副業」についてアンケートを実施した。

副業を行っているのは、外資系・日系企業社員ともに約2割

「現在、副業をしていますか」と聞いたところ、外資系・日系企業社員ともに約2割が「副業をしている」(外資系企業社員:19%、日系企業社員:22%)と回答した。

副業を行なっている理由については、外資系・日系企業社員ともに「収入」が第1位に。もっともポイント差が大きかったのは「本業の専門性を活かして経験を積む・専門知識を極める」(外資系企業社員:28%、日系企業社員:41%)で、日系企業社員の回答が外資系企業社員の回答を13ポイント上回った。

外資系企業社員は本業の年収1500万円以上が高い

副業の実施率を本業の年収別に見ると、外資系企業社員は年収1500万円以上が、年収1500万円未満の方に比べ、副業をしている割合が高いことがわかる。(外資系企業社員 本業の年収:2000万円以上 26%、1500万円以上~2000万円未満 29%、1000万円以上~1500万円未満 17%、800万円以上~1000万円未満 15%)

副業の内容、外資系企業社員は「不動産投資」(25%)、日系企業社員は「コンサルティング・セミナー登壇・研修」(34%)

副業をしている人に、副業の内容を聞いた。外資系企業社員のトップ3は「不動産投資」(25%)、 「コンサルティング・セミナー登壇・研修」(24%)、「株式投資・FX・仮想通貨への投資」(22%)だった。

一方、日系企業社員のトップ3は「コンサルティング・セミナー登壇・研修」(34%)、「マーケティング(広告、商品企画など)」(25%)、「経営(企業、店舗、事業開発など)」(20%)と差が見られた。

もっとも大きな差があったのは「マーケティング(広告、商品企画など)」(外資系企業社員:9%、日系企業社員:25%)で、日系企業社員の回答が16ポイント上回った。

副業での年収「100万円以上~499万円以下」が最多

副業のみでの年収を聞いたところ、もっとも多かったのは「100万円以上~499万円以下」(外資系企業社員:35%、日系企業社員:36%)、次いで「10万円以上~49万円以下」(同:19%、30%)となった。

副業をしていない約8割が「副業をしたい」と回答

現在副業をしていない人に「副業をしたいと思いますか」と聞いたところ、約8割が「副業をしたいと思う」(外資系企業社員:75%、日系企業社員:77%)と回答した。「副業をしたいと思う」理由の第1位は「収入」(同:66%、66%)だった。

副業をしない理由は?

現在、副業をしていない方で「副業をしたいと思う」と回答した人に、副業をしていない理由を聞いた。外資系企業社員では「本業が忙しい・時間が作れない」(29%)、日系企業社員では「会社が禁止している」(43%)が最多となった。

また、副業をしていない人で「副業をしたいとは思わない」と回答した人にその理由を伺ったところ、第1位は「余暇は副業以外のことに利用したい(家族との時間・趣味の充実など)」(外資系企業社員:63%、日系企業社員:69%)だった。

もっとも差が大きかったのは「本業で十分な収入を得ている」(外資系企業社員:55%、日系企業社員:35%)で、外資系企業社員の回答が20ポイント上回っている。

調査概要
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
調査対象:エンワールド・ジャパン サービス登録者 1,028名
勤務先企業区分比率:外資系企業 58%、日系企業 42%
年齢構成:20代 1%、30代 21%、40代 49%、50代 29%、60代以上 1%

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。