人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

同じテーマに関連する書類はとりあえず格納!シンプルなルールで片付けられる紙製ファイルボックス「WORKER'S BOX WIDE」

2020.02.28

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

私は自分のライフスタイルを変えてくれたモノが好きだし、そうしたモノのファンになってしまうことが多い。Apple社の『iPhone』(正確には『iPod touch』の方だが)や、ワイヤレスイヤホンの先駆けである『EARIN』が自分にとってはまさにそのような製品である。さて、今回紹介する『WORKER'S BOX』シリーズもやはり私のライフスタイルを変えてくれたものであり、私がファンとなっている製品の1つだ。今回はそんなシリーズに新たに『WORKER'S BOX WIDE』という製品が加わったので、早速紹介してみようと思う。

そもそも『WORKER'S BOX』とは?

『WORKER’S BOX』を一言で表現するなら書類を入れる紙製のファイルボックスだ。

デザインユニット「HI MOJIMOJI(ハイモジモジ)」が製作・販売を行っている。使用方法はいたって簡単で、扱っている案件やテーマを1つ決めたら、それに関連する書類を本体左側にそのまま書類を収納するだけでいい。

しかも、入れるものは書類に限らず、筆記具やお守り、DVDなどの収納も可能だ。本体内側の右サイドは簡易バインダーとなっているので常に確認したい書類(ガントチャート、To do リスト等)を収納することができる上、名刺クリップも付いているので案件やテーマに関連する名刺やショップカードを格納することもできる。

この『WORKER’S BOX』、最大の特徴は「同じ案件やテーマに関連する書類はとりあえず格納する」というシンプルなルールを採用している点だ。書類のサイズが違ってもいい。封筒に入ったままでもいい。とりあえず同じ案件やテーマに関連する書類をひとまとめにすることで、同じタイミングで必要になる(可能性の高い)書類がすぐ近くにあることになり、結果として作業が効率化する。個人的にはこれを「タグ付け」と名付けている。中身を格納するときも「とりあえず放り込む」だけなので、習慣化しやすく、分類するために費やす時間の節約にも繋がる。整理整頓に挫折してきた人、日ごろから自分でも中身を把握できていない書類に囲まれている人にこそ、この製品を薦めたいと思う。

『WORKER'S BOX WIDE』では何が変わったか?

◆厚みが増した

『WORKER'S BOX』では20㎜だった厚みの内寸が、『WORKER'S BOX WIDE』では56㎜と約3倍になっている。

変わったポイントと言えばこれだけである。しかし、これが大きいのだ。そもそも、オリジナルの『WORKER'S BOX』自体が完成度の高い製品であるのでそれ以上発展する余地はなかったと思う。紙製のファイルボックスというシンプルな製品であることを考えるとそれもそのはずである。ただ、1点気になっていたのは厚みが足りない場面がある、という点だ。「同じ案件やテーマに関連する書類はとりあえず格納する」というシンプルなルールは強力な魅力を持つだけに、一度当たり前になるととにかくそのルールを適用したくなる。そうなると大きく分けて次の2つのパターンでオリジナルの『WORKER'S BOX』では物足りないパターンが出てくる。1つ目はプロジェクトで使用する書類の数が増えてしまいボックスの収納量を超えてしまうパターンだ。

その場合は大人しく分冊するしかないのだが、そうすると関連する書類を1か所に集約しておくメリットが損なわれてしまうのが残念であった。2つ目のパターンは、そもそも収納したいものに厚みがある場合。私の場合は例えばケースに入った印鑑、文房具がそれに当たる。いつも使うものではないが、いざという時にはすぐ取り出したいモノたちには、決まった収納場所を与えてやるのが大切だ。その点、この『WORKER'S BOX』はまさにうってつけの存在なのだが、20㎜の厚みでは惜しいところで足りず、蓋が閉まらず悔しい思いをすることがあった。

56㎜へと厚みを増した『WORKER'S BOX WIDE』なら、これらどちらのパターンでも対応可能である。

もちろん、厚みは有限なのでそれでも入らないモノは出てくるのだが、そこまで多量のものはそもそも1つのボックスに収納しても中身を検索するのが困難になるし、重量も携帯に向くものではなくなってくるのでそこまで考える必要はないだろう。

『WORKER'S BOX WIDE』を購入するには?

『WORKER'S BOX WIDE』の価格は1冊799円。「WORKER’S BOX」の販売サイトから購入することができる。なお、セット製品(4冊・16冊)は若干割引が適用されているので、この機会に会社や家の書類を一気にまとめたいと考えている人はセット製品の購入を検討すると良いだろう。なお、既に販売されている『WOKER’S BOX』専用スタンドである『STAND』にも対応しており、『STAND』1つにつき『WORKER'S BOX WIDE』2冊(オリジナルサイズのものは5冊)収納することが可能だ。

■関連情報 https://www.workers-box.com/wide/

text/Wataru KOUCHI

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。